カテゴリ:Book( 15 )   

パリの本とシンプルライフ   

2019年 01月 03日
f0215324_21221302.jpg



今日は急に本屋さんに行きたくなり、

ふと目に止まったこの2冊を

買ってきました。


日頃は密林でポチっとがほとんど

だけど3か月に一度ぐらい

無性に書店巡りをしたくなる。


で、何軒か立ち寄ったあと

見つけたのが、


「パリ16区 美しく生きる人の12か月」


f0215324_21222926.jpg


は、著者のことも知らないまま

ページをめくったときの

字の風景が素敵で…。

自分の好みの本かどうかは、

文章を読まなくても

紙と字が形づくるムードで

わかるよね。


今年、仕事でParisに行くので情報収集もかねて買いました。



もう一冊は、

この手の本は、

わたくしまず、買いません。


いつも書いてるけど、

どう生きるべきか…なんて 人生の指南書じみた本にはまず興味ないし、

知らない人に生き方なんて

教えられたくないし…ね。



でも、

ドミニック・ローホーさんが書いたものは、

ちょっと違う。


彼女は、

世界で150万部以上のベストセラーとなった、「シンプルな生き方」の著者ですが、


自分のエネルギーを奪うモノ、

人間関係をさっぱり捨て、“

今、を楽しむために、

最小限のモノで暮らす「シンプルライフ」を確立させた人。


現在、京都で12畳一間の部屋に住んでいる。ひぇーっ。


わ、わ、わたしにはどたい無理なシンプルライフの提唱者。


しかし。

ある日彼女の

インタビューを読んで、

思わず共感しちゃいました。


それはこの言葉よ。


〜自分の“必要”というのは、自分がどういう人間か知らなければ分からないもの。そのためには逆説のようですが、多くのモノを持って失敗しなければなりません。私も、『これがあれば他はいらない』という一つに出会えるまで、どれだけお金を使ったことでしょう!〜


こちらから抜粋いたしました。


まさにまさにまさにー

と、首が千切れるほどうなづきつつ、

彼女に注目していたのでした。


で、今日見つけたこの本、

「わたしが選んだものでわたしは充分」。


f0215324_21225101.jpg


最初は、

タイトルもさほど刺さらないし、

帯に書かれた、

自分らしく生きる、とか。

幸福とは…


情報があふれかえる世界で…とか。

あまりに言い古された言葉も、

はーっ⁉️

だったんだけど…(笑)




パラパラと立ち読み斜めしていたら、


わたくし、後頭部を

鉄のフライパンでぱっこーンっとどやされた気分になりましたよ、奥さん。



それは…

自分の経済状況をちゃんと把握しているか…という問いかけではじまる章。



今、自分の生活にどのくらいの費用がかかっているかを知ることは、

資金管理の重要なポイントです…


と。


ぎょっえー。

わたくし自慢じゃないですが、

そんな計算、生まれてこのかたしたことないんです。

しなきゃならないことは、

わかっておりました。


だからだいたい年のはじめには、

家計簿めいたものを

ノートに書くんです。


でも、2ページ以降続いた試しなし…。


あかん、このままではあかん。

ちょっとこのあたりで

真剣に我が経済と向き合わなきゃ。


もう、しばらくお買い物もしません。

食費も毎月決めた金額で、

足りなくてなったら鯖缶で食べるー。


外食もしませんっ。


マイケルのチケットも正規以外は書いません。

最前列で観たいなんて贅沢なことは言いませんよっ。



はー。

しかし。

この誓い…いつまで続くだろうか?


およよ。


#ドミニックローホー #わたしが選んだものでわたしは充分 #バックトゥレトロ #パリ16区美しく生きる人の12か月 



by madamregina | 2019-01-03 21:21 | Book | Comments(0)

名編集者 パーキンズ!   

2017年 04月 19日
f0215324_14072304.jpg




おおおお。
届きました!

『名編集者 パーキンズ』

そうよ。アメリカ文学がもっとも輝きを放っていた時代、

ヘミングウェイ、フィッツジェラルド、
トマス・ウルフ・・・

とわたしが愛して止まない作家たち。

そんな彼らとがっぷり向き合って、
恋愛相談から金貸しの役割まで、
ありとあらゆる人生の相談役となり、
最高の傑作を世に出した、
パーキンズの評伝。

わたしは編集者ものが大好きで
これも早く読みみたいと思いつつ・・
文庫になるのを待っておりました。

いや、値段じゃなく、単行本、お風呂で読みにくいんだよね〜笑

コリン・ファースとジュード・ロウの映画も観なきゃ。

f0215324_14072403.jpg



それにしても、
パーキンズ、めっちゃかっこいいんだよね〜

ちなみに彼の信念は、

「この世に書物ほど大切なものはない」

いや、もう読むのが楽しみすぎます!



by madamregina | 2017-04-19 14:06 | Book

【ヒラリー 〜大統領にいちばん近い女の真実〜】   

2016年 02月 01日
f0215324_12492892.jpg



さて!
今日からはじまったアメリカの大統領選。

そして!女性の大統領が現実味を浴びる中、
登場ですよ、
この人が!

ヒラリー・クリントン!

いっときは米VOGUEの表紙を飾ったりして、
かなりお洒落にも気を配り、
スリムにもなっていましたが、

いまテレビで観る彼女・・・
服装も地味、髪型もスタイリストぜったいついてない(笑)

でも、そんなことかまってられるかいな?!
という、
むき出しの姿が、返ってかっこいい!
好感持てます。

ヒラリーも、もう70歳なんですね〜。





で!
この本は、

大統領に最も有力な女、ヒラリーの素顔について、
書かれたもの。

著者はわたしが敬愛する、
岸本裕紀子さんです。

お仕事でも何度もご一緒した、
岸本さんは、
慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、
ノンノ編集部で活躍・・という異色の経歴の持ち主。
その後NYに渡米し、
書かれた『ニューヨークでお買い物』はわたしのバイブル的存在になるほど、
わたしのNYへの扉を大きく開いてくれた本でした。

いやお買い物しすぎたけどねw



いや、ヒラリーにもどって。

彼女はファーストレディ時代から、
高慢で、人間味にかけ、裏表があり、信頼できなと、
嫌われる一方で、
熱烈な支持者も多い、
すっごくユニークは女。

でも、人にはそんな両面、いや多面があるのは当然で、
誰にでもいい人なんて、
逆に、余計信用できないよね(笑)
好き嫌いが多い人ほど、
魅力的な人物が多いとわたしは思います。


本書は、
ヒラリーがなぜ、そこまで人々の心を揺さぶる人物なのか、
そこに踏み込んだ、稀有な本だと思います。


f0215324_12492804.jpg



ちなみに
わたしはいまWOWOWで連載中の海外ドラマ、
ホワイトハウスを舞台にした、
「スキャンダル」の大ファンなんだけど、

わたしがやってみたい仕事№1は、
実はスキャンダルの主人公、オリヴィアのように、
大統領の裏でややこしいスキャンダルをももみ消す、
フィクサー(笑)

f0215324_12492810.jpg


f0215324_12492833.jpg



めちゃやりがいありそうよね。

このドラマでは、大統領の資質のない男でも、
裏方の手腕次第で、
大統領にものぼりつめることができる・・
と描いていますが、

トランプとかは、
そのへんのマスコミ操作にめちゃ長けた人が、
バックについてるような感じよね。

そんなわけで、
岸本さんのこの本、
ぜひご一読を。






by madamregina | 2016-02-01 12:47 | Book

スイス、グランシャレの思い出   

2016年 01月 13日

f0215324_00530078.jpg



去年の秋に頂いたままだった、

T JAPAN 、
The New York Times Style Magazine 。

いや、久しぶりに読み応えありました。

表紙は、ファッション界の鬼才、カール・ラガーフェルド。

f0215324_00530160.jpg



彼の素顔に迫るインタビューの他、「チームラボ」を率いる猪子寿之さんや麻布のレストラン、
「SUGALABO」シェフの須賀洋介さん。

でもいちばん印象的だったのは、
バルテュスの娘、
ハルミ・クロソウスカ・ド・ローラの、インタビュー記事。

現在は、
ジュエリーデザイナーとして、
活躍しているが、

子供の頃から、
スイスのグランシャレで、
アンリ・カルティエ=ブレッソンに撮影してもらい、
フェデリコ・フェリーニとお茶を飲み、
デビッド・ボウイが父にインタビューするのを、
見たりしてきた彼女。

そうか…
デビッド・ボウイは、
バルテュスのファンだったんだな。

そんなハルミさんが、
生み出すジュエリーは、
例えば、
黒檀と象牙で作られた
ピューマのリング。
なんと牙、歯、舌までリアルに、
デザインされ、
意表をつかれる。

ショパールのために制作した、
ドラゴンのブレスレットは、
ルビーとエメラルド、
ダイヤモンドを
惜しみなく使いつつ、
ゴージャスだけには終わらない、
強烈なメッセージがこめられている。

ドラゴンは、
ありとあらゆるものをー
雷も嵐もー
燃やして食べつくしてしまう獣。

欲望という名の正体に近いかもしれないと…。

私は以前、
仕事で、
お母様の節子さんに、
電話インタビューしたのだけど、
そのとき、
スイスのグランシャレに、
国際電話をし、
お話した節子さんの、
凛とした落ち着きのある、
低く、
美しい声が、
忘れられない。

節子さんから、
送られてきたポートレートの裏をみると、
ブレッソンの直筆のサインがされていて、
感動したことも…。

by madamregina | 2016-01-13 00:51 | Book

上流階級  富久丸百貨店外商部   

2014年 12月 30日
f0215324_17404155.jpg




ド忙しい30日の長文ですらw

いよいよもうあと1日ですね、

がー!

大変おもしろい本を見つけて、
これ、読みはじめたら、
とまりませんっ。


昨日芦屋の書店で見つけたこの本、

神戸のデパートの外商と、それを取り巻く、
御影や芦屋のスーパーお金持ちたちの実態にせまる、小説です。


しかし、ヤラレタな、と言う悔しさも(笑)


わたくし、子供の頃から、
デパートの外商に大変興味を持っておりました。


宝石や、毛皮や呉服を車でわざわざ自宅まで売りに来られる、
外商の方たちが、
もう、ツッコミどころ満載で(笑)


しかし、その売りの戦略は、銀座の名店の凄茹でたちも、
太刀打ち出来ないんじゃないか、
と、言うキメ細かさとホスピタリティーに溢れていました。


家族中のお誕生日や記念日などを全把握しているのは当然のこと。

お願いすれば、
神戸牛100gでも、配達してくれる心意気。

引っ越しとなれば、総指揮から現場まですべて取り仕切ってくれる…

そんな外商の人々について、

彼らのお得意さんについて、

ずっと書きたいと思ってたのよ。


芦屋と同じく、
高級住宅街と言われる帝塚山で育ったわし(うちはぜんぜん大したことないけど)

このあたりに出入りされる外商さんたち。


そして、お屋敷の住人の、

豪勢なお買い物話は、

神戸や芦屋に負けず劣らずよっ。


いや、芦屋に対抗して、大阪のデパート外商事情、
書きますかね(笑)



たとえばですね、

ここはバカラのミュージアムかっ?
というリビングのある、Kさまのお宅や、

市内に50メートルのプールと、英国式庭園がある、

同級生Nちゃんのヨーロピアンなお家…などなど、

そんなお金持ちたちを取り巻く、

T島屋外商の敏腕担当たち。


いや、いつか、書かなきゃ(笑)


ちなみに、これ、来年1月から、
テレビ化もされるんだね。


いまをときめく斉藤工ちゃんも出ます。

話、関係ないけど、

彼は私のツレと仲良しです。


そのキャラは大変魅力的かつ、ユニークだとか。

楽しみだわ。


いや、こんな長文書いてる場合やないんですわ。


お掃除、洗濯、


山ほど残ってます。

ひー。


あ、いま玄関で


ピンポーン!


あら、外商のUさまが


年末のご挨拶にいらっしゃったのかしら?笑

by madamregina | 2014-12-30 17:58 | Book

すてきなあなたに〜   

2014年 12月 07日




f0215324_14375755.jpg









先日、美容院に行ったあと、ちょっくら本屋に寄りましたら、

きゃーーーーーー。

「すてきなあなた6」があるではないですかーーーっ?!

発行されたばかりのほやほや。

8年ぶりのシリーズ最新作。

重いのも顧みず、大喜びでレジに直行!

いまどき珍しい箱入りの本をかかえて、幸せな気分で帰りのバスに乗りました〜。



すてきなあなたに・・はわたしのバイブルのような本です。


この中に編まれた、そして書かれたエッセイは、

戦後すぐ、あの伝説の花森安治さんたちと雑誌「暮しの手帖」を創刊、

「暮しの手帖社」社主の

大橋鎮子(おおはし・しずこ)さん。

昨年、93歳で亡くなりましたが、

中学生でもわかるような平易な文章なのに、

しみじみ心に染み入り、

本当の意味で洒脱で、かっこいい。

わたしの母の本棚にもありました〜。


1月から12月までの項にわかれているエッセイには、

彼女がかつて暮らしたロンドンで出逢った素敵なマダムのコーディネートや、

レバノンで食べたサンドイッチ、

ド・ゴール空港やヒースロー空港で感じたこと、

Parisでみつけた素敵なラッピング、

そして、赤しそジュースや梅の醤油漬け、

また暮らしの手帖に連載されていた「ロイヤルホテル家庭の味」など・・・・。

もうひとり、私が大好きな、

白洲正子が愛した料理の数々と双璧をなす、心豊かになれるレシピもいっぱい紹介されています。


これまでのすてきなあなたシリーズを全部持っていますが、

そんな中で、いつも真似しているのは、

ブローチをつけるときは、落ちたら悲しいでしょ?

だから、針を布を縫うように2箇所刺すと大丈夫。

と書かれていて、いまもその付け方を守ってます。

大橋さんが、ロンドンのホテルのアフタヌーンティで出あった、

きゅうりとマヨネーズだけのシンプルだけど抜群に美味しい、

キューカンバサンドイッチもときどき作ります。


どんなに忙しいときも、食器やナプキンもちょっとお洒落にして、

優雅なお茶の時間を持つと、

心に余裕ができますよ、

という教えもいつも実践しております。


わたしの場合、優雅なお茶の時間が多すぎ?(笑)



わたしは大橋さんから、

日々の暮らしを丁寧に生きることで生まれる、
小さな幸せ・・

みたいなものを教わったような気がします。


いや、それは小さくなくて、実は大きな幸福なのかも。


暮らしの手帖現編集長松浦氏のあとがきによると、

すてきなあなたに、は、

【暮らしの手帖】において、1969年から現在に至るまで続く、暮らしにまつわるエッセイの連載で、

大橋さんは93歳で亡くなるまで、40年以上にわたって「すてきなあなたに」を担当されました。

このエッセイをはじめたきっかけについて、


「なにもない、ただただ日常のふつうの暮らしのなかで出あった、

いろいろなことや、仕事でお目にかかった何人もの方々のお話のなかから、

私が大切に思い、すてきだなと思い、生きていてよかったと思ったこと、

私一人が知っていてはもったいない、

ぜひ読者のみなさまにもお知らせしたい、

メモとして遺しておきたいことなどの、

折にふれての記録から生まれたものでございます」

と語っていらっしゃいます。

実は、大橋さんのようなエッセイを書くのが、わたしの夢。

今回のシリーズには、

世界一おいしいツナサンドの作り方や、

NYのデリカテッセン「カーネギー」のチョップドレバーの作り方もあって、

それも真似しなきゃっ!

表紙はいつものように、花森安治さんのイラスト。

この絵、たまらなく好きです。

眺めているだけで、なぜか、心満ち足りるから不思議です〜







f0215324_14374194.jpg

by madamregina | 2014-12-07 14:45 | Book

愛するということ@フロム   

2014年 03月 02日
f0215324_23363716.jpg


いや、明日、月曜日から怒涛の日々がはじまりますねん。

3月10日と5月23日のトークショーの準備。

新プロジェクトの企画出し。

その他、重要ミッション.てんこ盛りー。

締め切り集中。

なんでーーーーーっ。

ひー。

まるで、


万里の長城に三輪車で登るような、気分よ(≧∇≦)

いや、しかし、

そんなときこそ、

こーゆー本も読み直さねば。

フロムの

『愛するということ』

です。

フロムとは、ご存知かと思いますが、

エーリヒ・ゼーリヒマン・フロム(Erich Seligmann Fromm, 1900年3月23日 - 1980年3月18日)

ドイツの社会心理学、精神分析、哲学の研究者。

ユダヤ系。

マルクス主義とジークムント・フロイトの精神分析(まったくわからんです、このあたりは)

を社会的性格論で結び付けた。新フロイト派。

で、この本で、フロムは、

「愛」は「幸福に生きるための最高の技術」と断言しております。

愛と技術…いや、この二つ、かなり相反するように思えるけどな。

愛は技術であり、学ぶことができるらしい。

しかし、
私たちは、愛を求めつつも、

現実にはエネルギーの大半を、成功、威信、金、権力といった目標のために費やし、

愛する技術を学ぼうとはしない…と。

そして、

愛こそが現実の社会生活の中で、より幸福に生きるための最高の技術であるのだと。

人を愛するにはある種の技術を習得するべし!

と、フロムは説いております。

その技術とは、なんぞや?

みなさん、この本、読んでみて。

むふ。

by madamregina | 2014-03-02 23:36 | Book

グローブトロッター 英国王室旅物語   

2014年 02月 14日
f0215324_18405571.jpg




Englandは私の第二の故郷・・・

なんていつも勝手なことをほざいているわたくし。


やっぱり、

となるとね、

これ、買うしかないでしょ?(≧∇≦)



【グローブトロッター英国王室旅物語】



キャサリン妃、ダイアナ妃、エリザベス女王の、ロイヤルツアーの華麗なる軌跡。

f0215324_18415562.jpg


ちなみに、エリザベス女王は、玉座について以来、

100回以上、ロイヤルツアーに出かけているそう。

女王との謁見には、さまざまなルールがあり、

男性はお辞儀をし、

女性は、膝を曲げて挨拶をする。

先に女王に話しかけるのは、もちろん禁止。

女王に話しかけられて、はじめて、

「Yes, Your Majesty
(はい、陛下)


と、答えることが、許されるるんですって。

そんなコラムも、楽しめる、

英国王室旅物語。

わたし的には、もっとセレブチックな写真満載かしら?

と思っていましたが、さすが、英国&グロトロ。

そのあたりも、控えめで、上品でございます〜。

今度、ロンドンに行ったら、

このホワイトのトランク、買っちゃうおうかしらん?

f0215324_18461765.jpg



で、Queenと同じように、

こんな字体と同じ級数で、ICHIKOとネームを入れてもらおうっと。


f0215324_1847118.jpg

by madamregina | 2014-02-14 11:04 | Book

ダーリンの面影も忘れかけている今日この頃・・・   

2013年 12月 17日

f0215324_1012113.jpg



きゃー!

師走の激動の中で、
だんだん薄れていた、
マイダーリン、Michaelとの
上海の思い出。...もっと見る — Michael Ballさんと一緒です。
写真: きゃー!

師走の激動の中で、
だんだん薄れていた、
マイダーリン、Michaelとの
上海の思い出。

でも、BBCRadio2の、
この写真見たら、
やっぱり、
好きだー、マイケルっ。

彼がパーソナリティを務める、
BBCの、このラジオ番組。
パソコンでも聴けるから、
みんな聴いてみてー。

http://www.bbc.co.uk/programmes/b03ln7gv


ほんで、ほんで、


マイケル劇場“恋する上海”
昨日から書きはじめたん。

インタビューのときのことも、
まだ書けてない、
あんなこともこんなことも、
書くよ〜っ。
むふ。

ちなみに、こちらは2011年10月、
Michaelに11年ぶりに、
インタビューしたときの裏風呂。


やっぱりわたしゃ、
このときも、ばかったれだった…




【今世紀はじまって以来の悪夢到来】

by madamregina | 2013-12-17 10:02 | Book | Comments(0)

【LUXURY BIBLE】   

2013年 11月 17日
f0215324_23112818.jpg


久々にのんびり過ごした、休日。

暖炉の前で、

ヘーゼルナッツのアイスを

食べながら、

わたくしが、

ページをめくっておりますのは、

創刊されたばかりの

超ラグジュアリーな雑誌、

その名も、

【LUXURY BIBLE】


「真の贅沢、最上級とは何か・・・」を

追求したこの雑誌、

いやあ、その中味、すっごいです。

旅もホテルも別格中の別格。

コンテンツからちらっとご紹介しますと、

◯神々しき小宇宙
神秘と謎に包まれたインカ文明と
アマゾン川クルーズの優雅な旅ペルー

◯英国を感じる特別なエクスカーション

◯巴里
我が心の別邸に還る

◯フィレンツェからヴェローナへ
北イタリア教習の旅
歴史たゆたう待ちを逍遙する

◯マヨルカで閑雅の極みを味わう
アートが棲む大人の隠れ家にて

◯クリスタル・クルーズで巡る地中海
それは贅沢旅の極み

などなど・・・・


ああ、こーゆー上級者の旅がしたいよね、

とコンツゥーラの薪ストーブの炎を見ながら、

次の旅へと心が動きます。


私の大好きな、英国カントリーサイドの

Chewton Glen も紹介されてるよ。



編集長は、私のお知り合いでもある、

中山清美さん。

数々の超一流雑誌を手がけてきた、

業界のドン的存在。

ちなみに、表紙がむちゃくちゃかっこいい、

いったいどこ?

と思っていたんだけど、

その正体を知って、きゃーーーっ、となりました。

近々Amazonにて販売される予定とか。

ラグジュアリーなことが大好きな、あなた、
これ、読まなきゃ!


f0215324_2313053.jpg

by madamregina | 2013-11-17 11:15 | Book