カテゴリ:Takarazuka( 17 )   

恋とタカラヅカとシアターファッション   

2019年 04月 02日
 恋とタカラヅカとシアターファッション_f0215324_09305952.jpg


いま、

わたくしを悩ませている大問題!


それは、

タカラヅカ、月組トップスター、

珠城りょうさまの

夢現無双の舞台を観るときの

シアターファッションでございます。


えーっ⁉️

そんなことかよ、

どーでもいいがな。

あんたの服なんかどーでもええ。


と、思われますよね。


はい。私も思う。


けどー。

今回はいつもとは違います。

だって最前列の神席なんやもん。


ようやくゲットできた

魂売ってでも欲しい、

正真正銘のド魂席。


勝負のときやん。


いや、最前列で

大好きなスターを観る…。 それだけで

おいら

敬虔なるカトリック教徒が、

精神的指導者ローマ法王に謁見するぐらいの心意気なんだよ。


いや、それ以上だわ。


かと言って、

あんまり、イキった格好するのもね、

しかし。

せっかくの最前列。


きちんとしたお洋服で、

その舞台へのリスペクトを示したい。


ちなみに写真は、

わたくしが20数年間ずっと、

追っかけております

Michael Ballの台湾のコンサートに行ったときのもの。


このときも最前列ドセンで、

イキってたよね。


網タイにマノロなんか履いてさ。


パールまでしてるじゃないか!


ま、私がどんなにお洒落してようが、

別にスターさんが見てくれるわけでもなく、

いやまったく見てくれないんだけどね。


でもやっぱり、

最高の自分でいたいよね。

魂席に座るときには。


そう言えば昔、

ロンドンでMichaelのコンサートを観る日は、

朝からお風呂なんか3回ぐらい入って

(なんのために?ww)

髪の毛なんか2回は洗って、

パックして、

そりゃもう、自分でもびびるほど、

キメていったよね。


別にMichaelとデートするわけじゃないのにさ。


相方はいつもそんな私を見ながら、

哀れ…とか、言ってましたが、


わかっとらんな。


大好きなスターの舞台を観るってことは、

大好きな恋人とデートする以上に

幸せなこと。

心ときめくこと。


たとえ一方通行の恋でもいいんだ。


最高のお洒落をして、

ドキドキ、酸素吸入携帯したいぐらいときめきながら、

その人に会いにいく…なんてことは、


人生そうそうあるもんじゃないっす、


そう言えば昔、

愛してやまないLes Misérablesの

東宝バージョンで、

鹿賀丈史さんがジャンバルジャンを、

村井國夫さんがジャベールを

されていた当時、

インタビューしたことがきっかけで

連日連夜、彼らの楽屋にお邪魔していた時代がありました。


あるとき、鹿賀丈史さんが、

廊下を歩きながら、


こんなこと、仰ったの。


ああ、恋がしてー


って。


まるで廊下に恋が落ちてでもいるかのように…。 恋すると世界が変わるもんね。


だから、鹿賀さんは、世界を変えたかったんだね、きっと。


なんでもすぐに忘却の彼方なあっしですが、あのときのことは

妙に心に残ってる。


恋って、

したいから出来るってわけじゃない。


自動販売機にお金を入れて

好きなときに買えるわけじゃない。


気がつけば、

スッコーンと

マンホールにハマってる。


恋は苦しきことも多かりき。

特にスターに恋するって、

こりゃもう

せつなさ100000000ガロンなわけですよ、ダンナ。


でも、あのときの鹿賀さんのセリフを思い出すたび、

いま、恋が出来ている自分に

カンパイなんでありますのことよ。


シャンパンぽーんと開けて、

いまをときめくキャバ嬢みたいに、

クリスタル空間!

なんて

言ってみたいわけよ。


あ、そんなわけで

問題は、

シアターファッションなんであった。


みなさまー。

どんなお洋服を着ていけばいいと思います?

(知らんがなww)


#珠城りょう

#タカラヅカ

#シアターファッション

#夢現無双

#を観にいくよ

#相変わらず

#スターに恋しております

#月城かなと

#美弥るりか 

#さんにもラブ

#真夜中の長文

#styleover50


by madamregina | 2019-04-02 09:30 | Takarazuka | Comments(0)

人生には恋と冒険が必要だ!   

2019年 02月 10日
人生には恋と冒険が必要だ!_f0215324_14182330.jpg

人生には恋と冒険が必要だ!_f0215324_14182921.jpg


桂子ちゃんにお誘いいただき、
花組 Casanovaの初日に行ってきました。


相方に車で大劇場まで
送ってもらったら
30分で到着!

人生には恋と冒険が必要だ!_f0215324_14185629.jpg

人生には恋と冒険が必要だ!_f0215324_14185987.jpg

これまで、なんてことのなかった街…
宝塚が、一気に大好きになっちゃった。

この辺りに来ると、
ほんとにいい気が漂うのー。

相方に、
「最近、タカラヅカ多いね」

と言われて、
そういえば…
毎週行ってるような…

「でも、タカラヅカはわたしの人生のいちばんの楽しみだからね。もうちょっと年取れば、
劇場の近くの小さなマンションに一部屋借りてね」

と、言っときました。


そして、
何より桂子ちゃんとの観劇は
最高!

人生には恋と冒険が必要だ!_f0215324_15004181.jpg

人生には恋と冒険が必要だ!_f0215324_15004771.jpg



実は初花組でしたー。

月組エリザは死ぬほど観たし、
紅ちゃんの星組も相当観ました。

だいもんの雪も。

でも、みりおちゃんの花組ははじめて!


いやぁ、
華やかだねー、花!

今回のカサノバは、
フランスの人気作曲家ドーヴ・アチア氏が、
タカラヅカのために書き下ろした作品。

この日もいらしてました。

ラップもあり記憶に残る楽曲で、
さすがですね。



でー。
みりおちゃん、
これぞ、タカラヅカ、
これぞ、トップスター、

と言うオーラと貫禄、
揺るぎない美しさ。

ミラーボール煌めく世界の、
スターの魅力を余すところなく
見せて頂きました!

はーっ。
かっこええ。

そしてー
れいちゃんの、
これまた舞台映えするビジュアル、
どうよ⁉️

なんちゅースタイルの良さ。

大らかで、
ちょっとコミカルな演技が
さすが、すでに大物スターのそれです。


しかしー。
今回、目を離せなかったのは、
鳳月杏こと、
ちなっちゃんです。

普段は男役なのに、

まさかの悪妻役。
人生には恋と冒険が必要だ!_f0215324_14510406.jpg



これが、もう、
妖艶なんてもんじゃない
ただならぬ色気が炸裂で
そのしなかやで艶やかなナイスバディ、
背中の美しさに、
おら、気絶寸前っ。


そういえば、
12月のタカスペで
なんだか、どうも気になると目線を感じて
ふと、観ると
男役バリバリのちなっちゃんと
一瞬目があった気がして(思うだけは勝手)
引っかかってたんです。


カサノバのちなっちゃん、
まじでやばいっすよ。

近づいたら火傷しますから。

カサノバ終了後、
月組に移動になるそうですが
珠きちとのコンビが楽しみすぎます。


そして、
ちょうど隣りにとても可愛らしい方が座られ、
ふと、目が合ったら…

「松澤壱子さんですよね?
いつもブログ観ています」

と、お声をかけて頂き、
ひゃー⁉️



こんな素敵な方が不詳まつざわの
ブログをご覧頂けているなんて、
うれしすぎるー。


タカラヅカが縁で
いろんな出会いがあり、
これも幸せなこと。


そして、
タイトルの、
人生には恋と冒険が必要だ、は、
カサノバのセリフです。

タカラヅカって、
貴族の世界や、
歴史物を描くことが多く
いろんな時代の空気感や
歴史上の人物の
名言などもしっかりと書かれていて
その舞台装置、
ライティング、
そして、時代を表現する衣装、
靴に至るまで
ディテールのこだわりもハンパない。

それが舞台としての深みを醸し出しているんです。

ただ、夢の世界だけじゃない、
そこが、
タカラヅカの真髄。


ああ!タカラヅカは
やっぱり人生の喜び!


人生には恋と冒険が必要だ!_f0215324_15021142.jpg



by madamregina | 2019-02-10 14:15 | Takarazuka | Comments(0)

タカラヅカ→素敵な新年会   

2019年 02月 02日
タカラヅカ→素敵な新年会_f0215324_21245993.jpg

タカラヅカ→素敵な新年会_f0215324_21250610.jpg



Parisから帰国したばかりの、 @voyage2000 ちゃんと、4列めセンターで、

脳天撃ち抜かれような、

かっこよすぎる星組観劇のあと、


タカラヅカ→素敵な新年会_f0215324_21253965.jpg

タカラヅカ→素敵な新年会_f0215324_21254328.jpg

タカラヅカ→素敵な新年会_f0215324_21255173.jpg

タカラヅカ→素敵な新年会_f0215324_21255660.jpg


我らがシャンデリアの

新年会っ。


タカラヅカ→素敵な新年会_f0215324_21264860.jpg

タカラヅカ→素敵な新年会_f0215324_21265451.jpg


@y.mignonne ちゃまも

よくぞご無事で…。 @aco_rinrin_21 ちゃんと

お二人の生還もかねて、

桂子ちゃんが差し入れしてくださったポメリーシャンで

かんぱーい。


いろんな話が濃すぎて、

興奮しすぎて、

たくさん食べすぎましたー。


あんしゃん亭、

めちゃ美味しかったー。


タカラヅカ→素敵な新年会_f0215324_21273504.jpg

タカラヅカ→素敵な新年会_f0215324_21274048.jpg


やっぱり、

シャンデリア大好きすぎます。


#最高の仲間 

#みんな大好きすぎる

#熱い桂子と壱子

#的確なアドバイスをくれる祐子

#情熱と冷静のバランス最高な章子

#なんて素敵なお友達

#ずっとついていく


by madamregina | 2019-02-02 21:24 | Takarazuka | Comments(0)

【タカラヅカについて一言申し上げまPART 2】   

2018年 11月 01日


 【タカラヅカについて一言申し上げまPART 2】_f0215324_22394619.jpeg



この前のブログの続きです。




確かにわたしも最初、

タカラヅカの舞台を観たとき、

椅子から転げ落ちそうになるほど、へたっぴな人もいました。笑

やっぱり本場のミュージカルよね、

ブロードウェイよね、

ウェストエンドよね。


声量が違うもん。

と、タカラヅカ、いや日本のミュージカルには、ずっと興味が湧かなかったわけですが、

いま、やっとわかったことがある。


それはタカラヅカは別物ってこと。


あるとき、宝塚大劇場での

エリザベート千秋楽の日。


舞台がはじまる前に、

劇場内のカフェで

ひとりサンドイッチを食べていると、


隣りにいらっしゃったマダム二人と、

お話することに。


キリっとした着物に身を包んだ彼女たちは、

もう50年以上タカラヅカを観てきましたよ…と。

え?おいくつかと思えば、

とうに80歳はこえておられてびっくり。


いろいろお話していると、

NYにもロンドンにも、行きました。


エリザベートが大好き、というマダムは

「ウィーンまで行きましたよ」と

なつかしそうに教えてくれました。


わたしたちは、タカラヅカが人生の楽しみだから、

この近くに住んでいるの…

と、いたづらっ子のように語る彼女たち。

ああ、これぞわたしが目指す未来だわ。


この日わたしはレジィーナの星柄のスーツを着ていたんだけど、

ひとりのマダムが

「あなたは、音楽関係の方?

素敵なお洋服ね」


きゃ。

こんな美意識の高いマダムたちに褒めて頂けて、幸せ。


彼女たちは、ではお先に…と出て行かれ

わたしも少しして劇場前まで行くと

開場を待つ人の列が出来ていて、

なんとその先頭にさきほどの彼女たちが

いるではないですか?


二人ともきらっきらっな瞳に

好奇心でいっぱいの表情を

浮かべて、

それはまるで

思春期真っ只中のティーンエイジャーのようで…。 きっと、誰よりもいちばん最初に劇場に入り、

あの、芝居好きなら誰もが愛して止まない、幕が開く前のざわざわと心が波打つひとときを過ごすことを楽しみにされているのだな、と。


また、ある日の観劇では、

隣りに銀髪のエレガントなマダムが座られ、お話しを聞いていると

なんと90歳!

杖こそ持たれているものの、

凛と姿勢も美しく、

レースのお洋服が素敵なんです。 「わたくしは、もう60年、タカラヅカを観続けております。若いころは追っかけもしましたよ」

と、驚くほど艶々のお肌で教えてくれました。


そのマダムは、

これまでタカラヅカで上演されたエリザベートをすべてご覧になったそう。 「10回目の月組のエリザベートを観るのを今日は楽しみにしてきました。

10人目のトートもね」


10人目のトート、

それはわたしも大好きな珠城りょうさんっ!


そのとき、わたしたちの席は15列目だったんだけど、

「舞台全体を楽しむにはいいお席ね。でも、好きな人を観るときは、前がいいわね」


おお、わかっていらっしゃる!

わたしも珠城さんを前方で観たかったー。


ちなみにこのマダムも、

タカラヅカだけではなくお芝居が好きで、ロンドンにシェイクスピア劇を観に行かれたり、

NYのメトでオペラを楽しみ、

ブロードウェイでミュージカルもたくさんご覧になったそう。


で、舞台が終わって聞いてみました。

「10人目のトート、いかがでしたか?」 すると間髪おかず、

「とてもいいわね。死神にしてはちょっと生き生きとしていたけれど、それが彼女の個性となり舞台に華やぎをもたらせています。姿も美しく、歌もいい。

素晴らしいスターになる人ね」



 【タカラヅカについて一言申し上げまPART 2】_f0215324_22412262.jpeg


あ、珠城さんはすでにトップスターですが、きっとまだまだビッグになられると言うことですね。

わたしはまるで自分の娘が褒められたみたいにうれしく、泣きそうになりましたよ…


こんな感性の高い、目の肥えた彼女たちの心を半世紀以上も捉え、飽きさせることなくずっとずっと、

引きつけ続けるタカラヅカという存在。


素晴らしいよね。


そして、

80歳、90歳をこえた彼女たちを

あんなにもぴかぴかに輝かせることが出来るタカラヅカの底力を改めて感じ、

ああ、これぞタカラヅカの文化なんだ…とうれしくなりました。


彼女たちが愛したタカラヅカ文化は、

次の世代へ、また次へと

間違いなく受け継がれていくでしょう。


タカラヅカって、

やっぱり、最高。


#タカラヅカ#宝塚#美の殿堂#人生の楽しみ#パワースポット#エリザベート#珠城りょう


by madamregina | 2018-11-01 22:32 | Takarazuka | Comments(0)

【タカラヅカについて一言申し上げます。PART 1】   

2018年 11月 01日
【タカラヅカについて一言申し上げます。PART 1】_f0215324_22311315.jpg



あのさー、ちょっと言いたいんだけど。

ときどきタカラヅカの舞台に対して、

あの人の歌、今日は音程がずれてたとか、音域があってない、とか書いてる人がいるんですが、

まぁ基本、みなさんお金払って舞台を観ているわけだし、

その人が何を思おうが、

何を書こうが自由なわけで、

別に上から目線な発言でもいいんだけどね。

ファンは、まぁそんなもんだし。


でもね、

たとえ、ちょっとぐらい歌がへたでも、

ちゃんと、

味わいがあるんだよね、

その人のソウルを感じるというか。

それでいいじゃんと、思う。


確かに聴かせどころで、ミスったら、え?となるけど、それぐらい何?

そんな小さなこと上回るぐらい

すっばらしい演技やダンスを見せてもらったら、

もう、わたしはそれで十分。


わたしも好きに言わせていただくなら、タカラヅカは歌のコンテストですか?

オペラ歌手でもあるまいし、音がちょっとズレたぐらい、どーなんよ。


歌ってさ、うまさじゃないよ。


感動は、テクニックやうまさからは生まれない。

そこ、わかってないよね。

だいたい、ピッチがどうとか言う人、絶対音感でもあるの?(笑)


以前小澤征爾さんや佐渡裕さん、

イタリアのテノール歌手に取材したとき、

クラシックと聞くだけでかまえる人が多いけど、

音楽っていい音楽と悪い音楽があるだけだと。


もちろん、特にクラシックはベースとしてある一定レベルの技術は必要だけど、型にハマって聴くクラシックに将来はない…と小澤さんたちも憂いてました。


そういえば、あるクラシック評論家が、バッハのレクイエムの演奏が終わったあと、拍手した人を見て、

この曲に拍手するなんて、もってのほか!これは神に捧げる音楽なんだ。

と、怒ったそうですが、

ほかの評論家や音楽ライターたちから総スカンだったそう。


音楽はその人の好きに楽しめばいいんだ。なに、時代錯誤なこと言ってるんすか?と。


そういえば、音程がどーのこーの言ってる人たちの、好きなアーティストって、たいてい、まじー⁉️と言うぐらい、わたしにとってはだっせーと思う人ばかりなのも特徴(笑)


そもそも感性が違うんですよね。

水と油ほど。

まぁ、そんな人たちの意見もちゃんと受け入れる気持ちはあるけど、

自分の贔屓のスター名指しで

あーだこーだ言われると

お、いっちょやる?

と、戦闘態勢になるわし(笑笑)


まだまだ修業が足りませんな。


いや、話それたけど、音楽は楽しまなきゃね。


心揺さぶる歌声は、そんなちっちゃなことに関係ない。

そんなことにこだわってたら、

もったいないよ。


#ちょっと言ってみました#たまには#またまた長文#PART2もあるで


by madamregina | 2018-11-01 22:28 | Takarazuka | Comments(0)

最前列 ドセンの劇薬…@エリザベート月組   

2018年 10月 06日
最前列 ドセンの劇薬…@エリザベート月組_f0215324_14095944.jpg

最前列 ドセンの劇薬…@エリザベート月組_f0215324_14101012.jpg


いやもう、
ハワイから帰国してからと言うもの、
息つく間もない忙しさ…

あふあふ。

しかし…

そんな合間をぬって、
行ってきましたよ!


タカラヅカ月組の「エリザベート」。

もー!

大好きな心の友にして、
シアターフレンド、
桂子ちゃんにお誘いいただき、
どれだけこの日を待ち望んでおったことか…

最前列 ドセンの劇薬…@エリザベート月組_f0215324_14145228.jpg




だって、
だって、
だってーっ‼️

宝塚大劇場、
我が人生初の最前レッツですよー、奥さん。
やばいやん、
やばすぎるやん。

最前列 ドセンの劇薬…@エリザベート月組_f0215324_14301919.jpeg

最前列 ドセンの劇薬…@エリザベート月組_f0215324_14164300.jpg


しかも、
エリザベート!ですよーっ。

最前列 ドセンの劇薬…@エリザベート月組_f0215324_14130951.jpg



ひゃー!

きゃあ!

しかし…わたくし、この時点では
何もわかっていなかった。

迂闊だった…

バカだった。
ま、それはいつもですけどな。

もう、
マジで、
最前列ドセン(タカラヅカ語でど真ん中と言う意味)
で、
エリザベートを観れるってことが!

どれほど特別なことなのか、

そして、
それがどれほどの危険を孕んでいたのかも…


このときのわしには、
まるで、
まるでわかっていなかったんだよ。


最前列 神席で珠城りょうさんを
観るってことが…

りょうさんを、観るってことが…
ぶるぶるっ。

それがとんでもない劇薬になり得るってことを、

わしは、
わしは、

わかってなかった…

合掌。

しぇーっ。

最前列 ドセンの劇薬…@エリザベート月組_f0215324_14225758.jpg

最前列 ドセンの劇薬…@エリザベート月組_f0215324_14231252.jpg

最前列 ドセンの劇薬…@エリザベート月組_f0215324_14231713.jpg



続く〜涙目

by madamregina | 2018-10-06 14:03 | Takarazuka | Comments(0)

ダイヤモンドの涙・・・   

2015年 02月 12日

ダイヤモンドの涙・・・_f0215324_082080.jpg



ちえちゃんの、
サヨナラ公演…

言いたいことはいっぱいあるんだけど、

とにかく最高でした。


貴族、将校、ダイヤモンド、
シャンペイン、ミラーボール、
大階段…


まさに夢の世界を旅して参りました。


パンフレットに双眼鏡、

そして、

寒くなったときのために…と、

桂子ちゃまがご用意くださった、パシュミナの、
愛の3点セットで、

ちえちゃんを堪能させて頂きました。

ダイヤモンドの涙・・・_f0215324_082317.jpg




タカラヅカで、
10年に一度の逸材と言われる、

ダイヤモンドのようなスター、

ちえちゃんこと、礼音さま。

わたしはまだまだ初心者のファンですが、

そのかっこよさと、美しさに涙が出ました。


ダイヤモンドの涙・・・_f0215324_082971.jpg




手が腫れるほど拍手しながら、

お隣りの桂子ちゃまに、

うっとりだねーと、

言おうと、見たら、

桂子ちゃま、滂沱…


長年大好きなスターを見守り続けてきた、

ファンのダイヤモンドみたいな涙に、

まつざわ、またまたもらい泣き。


ああ、
素敵な時間だった…

ちなみに、あとで桂子ちゃまに聞いた話によると、
お隣りの人、前の人、
ほとんどがコアなファンの人みたいで、
ずっと同じように、すすり泣いておられたとかー(わかるーーーーっ。わかりますよーーーー)


公演のあとは、

宝塚ホテルでアフタヌーンティ。

なんて、

贅沢な1日。


桂子ちゃま、
ほんとにありがとうございました!



ダイヤモンドの涙・・・_f0215324_082620.jpg

by madamregina | 2015-02-12 00:13 | Takarazuka