<   2008年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

ブノワ初日、星振るパリの味①   

2008年 10月 05日



10月3日(金曜)、ブノワオープン初日
8人の豪華メンバーと共にディナーに突入してまいりました~。

今回は仕事じゃなくって、プライベートゆえ、
ひえええーっ、デジカメ忘れてますやん(がーん)

よって、美味しい写真の数々は上の店内以外
麗しの青山さんのデジカメによるものでございます。

お料理の感想や当日のご機嫌ぶりについては
青山さんのバツグンのレポをご覧いただくとして・・・。

では、行くよ~。


まず、正直に言わせてもらうと、
初日に行って値打ちあるなーとわたしが、心底思うのは
スカラ座やブロードウェイやウエストエンドの豪華オープニングナイトとかだけで、

複合商業施設やホテルやレストランの初日には行くもんやないっ!
ちゅーのが持論であります。

だって、人いっぱいやし~。
エレベーターとか混んでるし、
あちこちで記念撮影とかしてるし。

レストランだってサービスはまだこなれてないし、
厨房はごった返してるだろうし(あくまで想像です)

そんな状況で、飛び切り美味しいものにはありつけられるわけないやろーというのが
大変申し訳ないのですが、
ブノワ初日にディナーを食べに行く直前までのおいらの正直な感想でありました(ごめん)

6時半、ブリーゼタワーのロビーで青山さんと待ち合わせ。

予想通り、人いっぱい。

エスカレーターもエレベーターもコミコミよっ。

しかし!
ブノワの扉を開け、中に入ると、
おっと、カウンターにムッシュ・デュカス、グループアラン・デュカス代表ルノーさん、
青山さんのご主人でもある江さんたち3人がなにやら談義風食事をしておられます。

みなさまにご挨拶して、
我らはいちばん奥の奥の、特別室へ。


ひゃーっ、その瞬間一気に夢心地になりましたああああ。

大きく取られたピクチャーウィンドーから見えるのは、
きらっきらにライトアップされた大阪の街。
まさにラインストーンの大きなブローチ状態。

ブノワ唯一のプライベートルームは
たとえばパリのアーティストが所有する
プロヴァンスの別荘風リビングみたいで、
お金いっぱいかけてるけど、
それを露わにしない、シックで温もりのあるインテリア。

チェアはロココ調。

この1室だけはビストロっていうより、かなりグランメゾン、
ファインダイニングな雰囲気であります。

・・・と素敵なパリジャン登場。
パリ訛りの日本語で
「本日みなさまのサービスを担当させていただく、
グレゴワール・スイスです」

「で、どちらに座られますか?
いいお席は夜景が見えるこちら側」

「じゃ、わたしたちはそこへ(ひーっ)」
と青山さんと着席。

するとグレちゃん、
「でも本当の特等席は、夜景をバックにしたあなたたちの
目の前のこの2つの席ですね~」

2人「・・・・・・・」

グレちゃん、続ける。

「だって、夜景より美しい女性たちが見れるのですから}

ひええええーっ。
このような歯の浮くセリフも、
日本語若干たどたどしいグレちゃんが言えば、
もう、一気に気分はマドモアゼルよ~


こうして、ゲストの気分を茶化しながらも盛り上げるのが
サービスでは実に重要だとわたくしは考えております。

いや、だからたとえお世辞でもいいのっ、
見え透いた言葉でもいいのっ。


江さんに聞くところによると
グレちゃんはマルセイユ出身で子供の頃から相当のやんちゃボーイで、
でも限りなくチャーミングな人柄だとか~。

その魅力溢れるやんちゃっぷりとイカすムッシュっぷりの彼のサービスは
ディナー中も絶好調。

こんな方がブノワのメートルドテルなんだから、
そのホスピタリティはかなり偏差値高いよ~。



8名全員が揃ったところで、
もちろんシャンパーニュでかんぱーい。




この日いただいたシャンパーニュは
デュカスセレクションの黄金の一本、14500円也。

こうして7時にスタートとしたディナー、
なんと終了したのは11時。


ちなみにこちらは食事後、グレちゃんと8人のメンバーで記念撮影。



左から時計回りに素敵なメートル・ドテルのグレちゃん、淡路島から駆けつけた精神科医の青山シンスケ氏、大学の教助をしている元全日本メンバーのラガーマン、平尾君、某テレビ局の報道ジャーナリスト平岡君、ドクターから弁護士を目指している予想不可人生を爆走中(@青山さん),ドクターハシヤ氏・グレちゃんとはフランス語で会話な京女才色兼備のカンちゃん、松澤、今回のディナーをオーガナイズしてくれた華麗なる青山さん、メンバー期待の星、神戸元町別館牡丹園の愛娘マキちゃん。


いや、前置きが長くなりましたが(ひえーっこれが前置きかい?)

この続きは追ってすぐに~。

by madamregina | 2008-10-05 13:51 | Diary | Comments(0)

ひたひたフェイスマスク初体験っ!   

2008年 10月 03日


きゃああーっ。

待望のリアルラボ新発売のディープグローイングマスクが我が家にやってきました!

いやあ、それにしてもバツグンのタイミングです。

この1週間、ちょっとした事件(ま、大したことないのですけど)や
もろもろ原稿書きが集中して、
お肌が少々疲れておりました。

ようは元気がなくなっていたんですっ!

昨日の夜、お風呂にゆっくり入ってから、
初ディープグローイングマスクタイ~ムっ!!

こんな風に美容液とシートが2層にわかれています。画期的です!





点線に沿って3つに折りたたみ



美容液をむにゅうううとシート方向に押し上げていくと、

プシュ~っ・・・

という音がします(この音がいいのよっ)

で、美容液をシート部分に流し込んでシートに均一にいきわたるように、
親指の腹でやさしーくなじませます。
このときすみずみまでいきわたるようにね。



そして開封してシートを出します。

シートは顔の上半分、そして下半分にわかれていますが、
これが付けてみると、
どれだけ人間工学的に優れた形や切れ込みであるかがわかるというもの!

これまで使っていたマスクは
どこかよれたり、均一にお肌になじまなかったり、
なんとなく不満がありました。

それがRLのはフィット感も、最高!
どこも逃さず、ケアしてくれます。

15分ほど、おいて、
シートをはがすと、


ひゃあああーっ。
おいらの肌、蘇生!その蘇生力もハンパじゃないよ~。
ぷるんぷるんになるのももちろんですが、

何より凄いと感じたのは、
リフティング力。
ピーンとお肌がつっぱる感じがして、
まるで石膏のマスクをした後のように、
目尻のシワまであがっているではありませんかっ?!

お肌にエネルギーを注ぎこむミネラル、
ダメージを受けた肌に潤いを与えて引き締まった肌へと導くクレアチン、
肌に大いなるハリを与える加水分解バクガエキス



というお肌を元気にしてくれ正常に戻すための
成分が、それはもう、贅沢に配合されておりますっ!

これは病みつき!のマスクですね~。

それではいまから、ちょっとした楽しい宴に
行ってまいりまーす。

by madamregina | 2008-10-03 16:39 | Diary | Comments(0)

デュカスのお店「ブノワ」明日オープン!   

2008年 10月 02日



明日、10月3日(金曜)、オープンする「ブリーゼブリーゼ」に行ってきました。

あのサンケイビルがこんな立派な建物に!


1Fにはユナイテッドアローズも入ってます。
神戸や心斎橋のアローズとはひとあじ違う、
ちょっとフレンチカントリーっぽい素敵な空間でありました~。

で、私の目的はこの日フランスから来日された
アラン・デュカス氏のインタビュー。


3日にオープンする、デュカスグループのカジュアルビストロライン、
「ル・コントワール・ド・ブノワ」のあるブリーゼの33階を目指します。

エレベーターから降りて少し歩いたとたん、
ひやああーっ、
ビルの絶景に度肝抜かされました。

まるでNY摩天楼みたいだあああ。




レストランはブノワを含めて3店舗入ってます。


ブノワのエントランス。パリしてます。


表にあるメニューもパリだわー。


グループデュカスで世界初となるカウンターもちらり(素敵)


なんとここにはパリ、プラザアテネ内の3ツ星レストラン、
「アラン・デュカス」の名物ソムリエさまの姿も見えました!
(応援にかけつけられたのね)

あまりきれいに撮れてないけど、ごめんなさい。アプローチもすっごくパリっぽいです。


テーブル席もカジュアルでいながら、エスプリが漂っています。



絶景のこんなベンチシートも。窓の向こうにはエッフェル塔も見えそじゃない(笑)


壁にかけられた写真も素敵。



店内にはパリからスケットに来たギャルソンはじめ、
大勢のスタッフが入れ替わり立ち代り、
あらゆる準備に忙しく、
熱気もむんむん。
明日のオープンが楽しみすぎますっ。

で、デュカス様のインタビューは
各社30分ずつの個別で行われたわけですが、
場所はブノワのプラチナシート、エレガントな個室内で。

ムッシュは相変わらず素敵で、ちょっとお茶目な横顔を見せながら、
新しいお店への豊富、お料理へのこだわりを熱く語ってくれました。

通訳はおなじみ、グループデュカスの日本代表
ファブリス・ルノーさん。

この方もとってもチャーミングで、
その魅惑的な話術、通訳能力の高さも秀逸。

このときの詳しいインタビュー内容は、
12月号のSAVVYに書く予定ですので、
また見てね~。


それにしてもデュカス氏といえば、
もはやフランス料理界のみならず、
料理人としてまさに世界の頂点に立つ人。

それなのに、なんと謙虚なことか。

「いつもいろんな経験をし、いろんな方と巡り会い、
新しいことを知るたび、自分がいかにちっぽけな存在かを
知らされるんだよ」

なんておっしゃっていました(はあと)

ブノワは大阪の街と一緒に育っていけるような
お店にしたいとも!

最後に記念撮影してもらいましたあああ。
いやあ、ムッシュは素敵だわー。
わたくし、緊張してアゴ上がってます。
ぶちゃいく~。
ひーっ。



気になるお値段はランチで2600円~。
ディナーも5700円からとうれしい設定です。

もう、これは行くしかないよ~。


■ル・コントワール・ド・ブノワ
大阪市北区梅田2-4-9
ブリーゼブリーゼ33階

ランチ11時~2時半
ディナー5時~10時
TEL:06-6345-4388

by madamregina | 2008-10-02 12:28 | Diary | Comments(0)

おめでとう、リアルラボ!   

2008年 10月 01日


本日はリアルラボが発売されて、
2周年の記念日です!

おめでとう、リアルラボ!

思えば、国内外あらゆるブランドのスキンケアを使っていたわたしが、
はじめてリアルラボを知ったとき、
「育肌」という言葉に大きなショックを受けたことを思い出します。

それまではスキンケアといえば、アンチエンジング、
つまり守りの姿勢だったので、
このプラス思考がまず、わたしの心を捉えたんですね~。

それまでは小雪さんのCFで知られる、某化粧品メーカーのものを
しばらくはリアルラボと併用しながら使っていたのですが、
3ヶ月もすると、
キッパリと別れをつげ、
リアルラボ一筋の育肌人生を突っ走ることに(ひゃーっ)

海外出張も多く、ミラノやロンドンではお風呂に入るたび、
お肌がガシガシしたり、
ハワイやバリでは日焼けでうっすらシミが・・・
というときも、
リアルラボの早期ケアで、どれほど助けられたことか?!

春先には決まって吹き出物が出たりしてたのも、
RLを使いはじめてからというもの、
そんなトラブルは一切なし。

そんな中で、友人や知人がRLワールドに
どんどん吸い込まれていきました~。

そのほとんどが独特の、そして黄金美肌道を歩んできた
ツモワノ揃い。

そんな彼らが、

シンプルなケアなのに、最強の守りと攻めがあるよね~と
絶賛です。

そして、今日はマスクも新発売されましたね!
もうすぐ届くので、楽しみっ!


今日はこれから、一日飛行機のトラブルで遅れた、
アラン・デュカス氏のインタビューに行ってまいります。

昨日はRLでいつもより丁寧にお手入れしました~。

帰ったら、祝リアルラボ2周年ということで、
ヴーヴクリコで、祝杯をあげたいと思います~。

リアルラボ、本当におめでとう!




上の写真は2枚とも一度ご紹介したことがありますが、
私の大好きな写真なので、
またまたUPさせていただきました~

by madamregina | 2008-10-01 11:47 | Diary | Comments(0)