<   2014年 05月 ( 48 )   > この月の画像一覧   

ストローハット   

2014年 05月 12日
ストローハット_f0215324_22932100.jpg

ストローハット_f0215324_2293484.jpg

ストローハット_f0215324_2293553.jpg

ストローハット_f0215324_2293775.jpg

ストローハット_f0215324_2293986.jpg

ストローハット_f0215324_2294329.jpg








おはよーございますっ。

今朝も気持ちいいお天気。

えっと。

シャンデリアのメンバー、

我らがアイドル、acoちゃんも、

先日まで、ハワイに行ってらして、

旅先での、ファッションが、

すごく素敵で、

ストローハットも、とっても可愛かったのー。

で、ハレクラニでも、
お洒落さんは、
みんな、ストローハットかぶってるんですよね。



で、帽子がほんと、似合わないあっしですが…

真似して、ニーマンマーカスで、
買っちゃいましたっ。


ど、どかしらーっ。


ちなみに昨日は、
ワイケレのアウトレットに
いきまして、
バーニーズと、ラルフで、
ちょっくら素敵なブツをゲット。

ま、前回のセリーヌの
大物に比べたら、
大したことありませんが、

また、写真アップいたします。

で、こちらは、
今日のハレクラニのプールスタッフ、
Ed。


彼も、ハレクラニ長いです。
ここに来る前はスーツをきて、
オーキッズのマネージメントや、
予約の仕事をしていたそうですが、

いまの仕事がいちばん、好きなんだって。

日々フレッシュエアーを感じて、
ゲストとも、お喋り出来て…

と、いつもそういえば、
ハッピーそうな、Edなのです。


ストローハット_f0215324_2294551.jpg




と言うわけで、
いまからアラモアナビーチまで、
ジョグしてきまーすっ。

by madamregina | 2014-05-12 02:19 | Halekulani | Comments(0)

ハレクラニブルー   

2014年 05月 11日
ハレクラニブルー_f0215324_813923.jpg

ハレクラニブルー_f0215324_814131.jpg



今回、ハレクラニのプールサイドで、
あたくしの、ペディキュアは、
昨日ご紹介したように、
大好きな
ハレクラニブルーざますっ。

ふがっ。

これは、最近毎月行っている、

大好きなプルメリアなんば店で
して頂きました。

プルメリアなんば店の
スタッフの技術とセンスは、
ちょっと違うんですよね。

とても高度なテクニックと、

アート性が、必要とされるので、

普通のネイリストには、

なかなか務まらないのだとか。


そんな、
素晴らしいネイリストがやってくれる、ネイル。

毎月の定額コースだと、
びっくりするほど、
リーズナブルに受けられます!

5月の定額コースは、

こちらが、4900円。

ハレクラニブルー_f0215324_1017831.jpg



こちらが6500円。

ハレクラニブルー_f0215324_10174989.jpg



すごーく凝ってますっ。



いずれもOFF込みのお値段で、
材料も最高のものを
使っておられます。

ミナミのなんば、という、
ネイル激戦区だからこそ、
出来たスペシャル価格❗️

私も、ハワイから帰国したら、
また、行こうっと。




■プルメリアなんば店

大阪市中央区道頓堀2-1-8 ZELKOVA TRE 3F
TEL06−6282−7785
OPEN 11:00~21:00 / 無休

by madamregina | 2014-05-11 10:08

マイアミのマダム興奮っ。レジィーナのアメコミドレス!   

2014年 05月 11日
マイアミのマダム興奮っ。レジィーナのアメコミドレス!_f0215324_819178.jpg

マイアミのマダム興奮っ。レジィーナのアメコミドレス!_f0215324_8192143.jpg




マイアミのマダム興奮っ。レジィーナのアメコミドレス!_f0215324_8185790.jpg



マイアミのマダム興奮っ。レジィーナのアメコミドレス!_f0215324_8184287.jpg







昨日は、
ちょっと曇り&小雨のハワイでしたが、
今日は、ド快晴ですっ。


実は
今回のハワイ、ちょっと仕事もありまして、
決まったのが、1週間前。


ほんとに急だったので、

ハレクラニで、
好きなお部屋が取れるか、
が、いちばんの問題でした。

私の愛するダイヤモンドヘッドオーシャンフロントのスイートは、
すでに、フルブックで、
オーシャンフロントの15階も、
好きなお部屋には、
予約が入っておりました。

おそるべし、ハレクラニ人気っ!


もう、この際、どこでもいいわ!

と、お部屋にこだわりすぎるのも、
なんだかなぁ、と、
思いまして(ほんまか)

最近、そんなことには、こだわりませんね!
という、セレブなお友達も多く、
そうや、それがかっこいいわ!
と、考え直しておりましたが。


なんと、奇跡的に
ダイヤモンドヘッドオーシャンフロントのお部屋を、
Aさまが、
押さえてくださって、
きゃー、やっぱりいいわ、いいわ。
スイートじゃなくても、
十分しゃーわせ(((o(*゚▽゚*)o)))


で、いつもの角部屋にできなかったのはですね、

そのお部屋、ダブルでして、
相方とは、ぜったい、ツインじゃなきゃいやなんだわ(笑)


でーっ。

ハレクラニといえば、
やっぱり、
レジィーナのリゾートラインよね!


先ほど、
オリジナルアメコミドレスを
着ていたら、

マイアミのマダムが、
興奮して、
駆け寄って来られまして、

あなたっ!それ、めちゃくちゃ素敵じゃないっ。

どちらのブランド⁈
と、ドレスを触りながら(笑)
大変な勢いで。

ふふ。
これは、レジィーナロマンティコやで。
JAPANが誇る、
ファッションブランドやで。

と教えて差し上げましたw

ランチのあと、
ルームサービスで、
煎茶と、アイスカプチーノを
頂いて、
再び、
プールサイドで、
日焼け中。

きゃきゃいーん(≧∇≦)

by madamregina | 2014-05-11 08:09 | Regina Romantico

今日のハレクラニ   

2014年 05月 11日
今日のハレクラニ_f0215324_4222023.jpg

今日のハレクラニ_f0215324_4222246.jpg

今日のハレクラニ_f0215324_4222396.jpg

今日のハレクラニ_f0215324_4222412.jpg

今日のハレクラニ_f0215324_422267.jpg

今日のハレクラニ_f0215324_4222768.jpg

今日のハレクラニ_f0215324_4222810.jpg







みなさまー。

アロハロハー!

超快晴の、ハワイよりお届けしております、
ハレクラニジャーナル(笑)

ま、これからしばらく、
どびつこく、UPしていきますが、
ごめんやす(≧∇≦)


で、おなじみのこの光景。
朝のプールサイドは、静かでいいね。

こちらは、

ハレクラニファンのみなさまなら、

ようくご存知の、

プールサイドスタッフの重鎮。

いつもジェントルな、マネージャー、
トムさん。

今日のハレクラニ_f0215324_4221883.jpg



もう、20年近くお世話になってます。

今日は、こちらのパラソルの下。

そして、プールサイドの真ん前も、

セットUPして頂きました。

うぐ。

ペディキュアは、プルメリアなんぱ店で、して頂いた、
ハレクラニブルー。

このときは、ぜんぜん、

5月ハワイに行く予定もなかったけど、

いきたいなぁ、と言う願望をこめて、

この色に。

親指のマーブルブルーが、

ベリーハレクラニ。
このペディキュアが、
ハレクラニに連れて来てくれたのかし、ん?


こーゆーことって、

やっぱりあるよね。




で、トムおすすめのレストランも聞いたので、

今日は突撃しますだぁ。


今日のハレクラニ_f0215324_4221566.jpg

今日のハレクラニ_f0215324_4223028.jpg

今日のハレクラニ_f0215324_4223249.jpg



ちなみに、昨日の夜は、
カイムキにある、ベトナム料理のお店、

ハレベトナムに、行きました。

やっぱり、ここのスプリングロールの揚げたのと、
Phoは、絶品。

お野菜もフレッシュで、清潔。
スープもあっさり、優しい味わい。

ま、店内は、食堂という感じで、
サービスも、微妙ですがw

ひとりで、ふらりと、
ラーメン一丁みたいにして、
入ってくるお客さんもいて、

観光客というより、
ロコに愛されてます。

by madamregina | 2014-05-11 04:10 | Halekulani

ハレクラニに到着っ!   

2014年 05月 10日
ハレクラニに到着っ!_f0215324_9362492.jpg

ハレクラニに到着っ!_f0215324_9362595.jpg

ハレクラニに到着っ!_f0215324_9362761.jpg

ハレクラニに到着っ!_f0215324_9362921.jpg

ハレクラニに到着っ!_f0215324_9363179.jpg

ハレクラニに到着っ!_f0215324_9363963.jpg

ハレクラニに到着っ!_f0215324_9365429.jpg

ハレクラニに到着っ!_f0215324_9371260.jpg




みなさまー!

ハワイにやってきました。

しかし、

ホノルル空港に着くまで、
どえらいことが、
ありましたんです…



いやぁ、
飛行機が、
まさに滑走路にランディング…と
思った瞬間、
ものすごい角度で、再び上昇。

えー?

マジ?

着陸失敗?


い、生きた心地しませんやんっ。

ひーーっ。

な、な、なにが起こったんっ。

しばらくアナウンスもなく、
乗客、不安MAX。


そこで、
相方が、ちらっと、

車輪出えへんのちゃうか?


って、

えーーっ?
ま、まさかっ。

もはや心臓ビートMAX。



機長からの説明もない。


再び上昇する機体。


マジで、
このまま、胴体着陸?
同んなじなら、
帰りにしてくれー



わしらは、どないなるんですか?

と、もはや、恐怖の渦巻く中、
青ざめておりましたら、

ようやく、

機長より、アナウンスが。



管制塔からの指示により、
着陸間際に、
変更があったと。
あと、数分で、ホノルル空港に着陸します、


それ、ほんまかっ。
着陸に失敗したんじゃないのか?

と、ぜんぜん機長のお話も、
信じられないわたしたち…




まだ、安心できんっ。






ようやく、
車輪が出る音がして、

なんとか、無事着陸。


いや、生きてて良かった



と、いうわけで、

愛するハレクラニ到着しましたっ。


やっぱり、
ここがいちばんっ。

by madamregina | 2014-05-10 09:31

行ってきまーす!   

2014年 05月 09日
行ってきまーす!_f0215324_20442994.jpg

行ってきまーす!_f0215324_20443090.jpg

行ってきまーす!_f0215324_20443263.jpg



そんなわけで、
ちょっくらJAPANを
脱出いたしますー。

しっかしザルラウンジに、
こーんな粋なものが、
登場していたとはっ。


いや、関空のザルラウンジほど、
かなしーものはないと、
思ってたけど、
ちょっと心入れ直したのね。


大人気のカレーまで❗️

相方は生ビール。

あたくしは、泡で。

珍しく、どこ行くか、
言わないわし(笑)

ふがーっ。

by madamregina | 2014-05-09 20:43 | Comments(0)

本町のカルト・ブランシュに行ってきました!   

2014年 05月 09日
本町のカルト・ブランシュに行ってきました!_f0215324_2163266.jpg





どもども〜。

先週、多恵さんと、パートナーの辻本さんと

こちらでもご紹介した

本町のカルト・ブランシュに行ってきましたー。




最近、多恵さん、とってもお仕事もお忙しいみたいで、

ゆっくり美味しいものご一緒したいなぁと思ったんですーーー。


御堂筋に面した、ビルの地下。

ちょっと隠れ家的なプチメゾンの雰囲気が、ホテルとはまた違って、

特別感があって、いい感じなのーーー。



本町のカルト・ブランシュに行ってきました!_f0215324_211379.jpg


空間を手がけたのは、大阪が世界に誇るデザイナー、

空間の魔術師、間宮吉彦さんです。

カルト・ブランシュにはじめて連れて行ってくださったのも、

間宮さんなんですよね〜。



今回は個室をお願いしました。

すっごくアトホームないい空間です。

まずは、やっぱりシャンパーニュから。


本町のカルト・ブランシュに行ってきました!_f0215324_2162613.jpg


お洒落なボトルでしょう。

これ、店名と同じ、カルト・ブランシュという名前のシャンーパーニュなのーーーっ。

本町のカルト・ブランシュに行ってきました!_f0215324_2152371.jpg



3人で乾杯。


で、まずは最初に一皿に、わたしたち、きゃーーーーーっとなりました。

だってだってだって!

めっちゃ好きな稚鮎なんです。

しかも、めっちゃ好きな(笑)カラッと揚げ。

こちら、季節の骨せんべい。
泳ぎ稚鮎の踊り揚げ、清流に見立てた、カリフラワーのピューレ。

見てーーーーーー。

本町のカルト・ブランシュに行ってきました!_f0215324_2163048.jpg


ひと口食べて、

全員、「おいしーーーーーーーーっ!!」

と感嘆の声ーーー。

あと10匹たべたーい!!

それほど、まいうーーーーーっ。

やっぱり島岡シェフって、すばらし~ね。

テクニックに裏付けられた、センスがある。

最初のお料理で、すでに感動の嵐よっ。


で、次に出ましたのは、

春野菜としらさ海老、その日採れたての、

ぴっちぴちのシーフードの競演ですっ。

なんて、心踊る彩りでしょう!

本町のカルト・ブランシュに行ってきました!_f0215324_216337.jpg




で、次は、

きゃーーーーーーーっ!出たーーーーーーーーーーーーーっ。

みなさまーーーーっ(ぜぃぜぃ)

ふぐの白子でっせーーーー。


どないしょう。おかーさんっ(笑)

その上のアートなお野菜は、

幻のえんどう豆マーメラスというレアなお野菜です。

さっと油を通して、カリっ、ふわっ、とした食感で、

めっちゃくちゃ、うまいーーーーーーーーっ!

そして、白子のぷっくりしたボディにナイフを入れまして、

とろ〜りと流れくるミルキーな「真髄」を舌の上にのせますと、

いやーーーー。マジ、ヘブンです。奥さん。

美味しすぎる!

全員、声もなく、あっと言う間に完食です。


そして次のひと皿は・・・・


わーーーーーっ。

島岡シェフのシグニチャー料理ともいえる、

甘鯛のウロコ揚げよっ。

その上に乗ってる、ラブリーなお野菜は・・・

なんと、牛肉よりもお高いと言われる、

アスパラソバージュという、お野菜!

これがもう、食べたことのないお味で、

甘鯛のカリッカリのウロコとの相性もバツグンなのです!



ですが、みなさまーーーーっ。

お魚料理はこれで終わりではございませんっ。

次が真打ちだったのですーーーーーー!


きゃーーーーーーーっ!

のどぐろでありますよーーーーーーーーーーーーーーーっ。

どないしょう(笑)

のどぐろ、わたくし、めっちゃ好きなんです(って好きなのが多すぎるかw)

これがもう、言葉を失う美味しさでして、

上品なあぶらが、ふんわりと広がり、

食の桃源郷とはこのことかっ?!と思える、

ひれ伏すようなすんばらしい、味!

世界中の美味しいレストランをご存知の、

辻本さんも多恵さんも、

こののどぐろに感動。

わたくし、これまでのどぐろは塩焼きでしょう?!

と思っていましたが、

のどぐろファンのみなさま、

島岡シェフののどぐろがベストでした!

いつも入荷するわけではない、というそのレア感もいいね〜。


貴重で美味しいものは出来るだけ、自分だけで食べたい(ひーーーー嘘w)


そして、お肉のメインは、

これまた、とんでもない美味なひと皿だったのですよーーーーっ。

ビュルゴー家、窒息鳩のトースト、
ビーツのクーリーです。

いんやーーーー。

もう鳩がこよなく好きなわたしですが(なんでも好きやなw)

これはパリの某3星レストランで頂いた、
鳩料理をはるかに上回る、火入れ、そして、お味。


本町のカルト・ブランシュに行ってきました!_f0215324_1575853.jpg


窒息鳩・・というとちょっと名前がなんですが、
ようは味がぎゅっと凝縮され、
鳩の旨味が存分にたのしめるんです。

この鮮やかなルビー色がこの鳩の特徴。

みなさま、宝石のルビーの逸品を、
「鳩の血の色」と呼ぶのをご存知でした?

ゴージャスなジュエリーの呼び名としては、
なんともちょっと・・・な表現ですが、

それほど、この窒息鳩のルビー色は憧れの色なんですーー。

本町のカルト・ブランシュに行ってきました!_f0215324_1575859.jpg



鳩が大好き!という人は、これ、食べないといけないね(笑)


もう、これだけ頂いても、

まだまだ食べれるーーーーというほど、

島岡シェフのお料理は奥深い味わいなのに、
バターやクリームを極力使わないので、
あっさりと軽く、胃もたれなしっ。




そして、最後のデセール、薔薇に見立てたりんごのタルト・・・

素敵!

本町のカルト・ブランシュに行ってきました!_f0215324_2164019.jpg





上品な甘さとりんごの爽やかさがふわっと薫って、
これまた大感動。

この林檎がPink Lady という品種だとか。

本町のカルト・ブランシュに行ってきました!_f0215324_2164013.jpg



カルフォルニアに留学されていた、
多恵さんが、

「あ、わたしこれアメリカで見ました!」

と、島岡シェフとお話も弾みました。


いやあ、それにしても、

カルト・ブランシュ、最高です!

プティフールのマカロンにいたるまで、

コースのお料理ぜんっぶがほんとに美味しかった!

まさに隠れ家レストラン。

もう、パリの3ツ星やNYの有名店は、食べ飽きた・・

そんな、世界中の美味しいものを追いかけた人にこそ、

食べていただきたい、超穴場フレンチです!

最後はマダムの沙織さんとまたまたマダムトーク(笑)

なんとわたしのホテル本を買ってくださって、

サインさせていただきました!

きゃーーー。ありがとうございます。

マダム沙織さん、多恵さんと記念撮影。

本町のカルト・ブランシュに行ってきました!_f0215324_217293.jpg



沙織さまが着ていらっしゃるのは、
レジィーナに白襟ワンピースです。

すっごく素敵でしょ?

本町のカルト・ブランシュに行ってきました!_f0215324_217369.jpg



5月中には、島岡シェフ、マダム沙織、そしてわたく松澤との
コラボメニューもお目見えする予定です!

みなさま、ぜひっ。お越しくださいね!


このあとは、

マダム沙織が経営する、中之島のBAR BNKSへ。

オン・ザリバーにある、こちらのバー。

ほんとに、わたしは来るたび(って2回めですけどw)

NYのリバーカフェにいるような錯覚に陥ります。

ほんっとに最高のロケーション。


本町のカルト・ブランシュに行ってきました!_f0215324_21712.jpg


多恵さんとわたしは、

この時期めっちゃ甘い、マンゴーのカクテル。

辻本さんは、

シャンパーニュとストロベリーのカクテル。

今日もマスターの仁さん、

ハードボイルドですっ(笑)

でも、仁さんってちょっとお話すると、

めっちゃ楽しい人なんです。

本町のカルト・ブランシュに行ってきました!_f0215324_2165511.jpg


これからの季節、最高に風が心地いい、

テラスで3人で記念撮影。

本町のカルト・ブランシュに行ってきました!_f0215324_2165883.jpg


どう、このロケーション。

大阪に惚れ直すよ。



そんなわけで、

大阪を満喫した、一日でした〜。





■カルト ブランシュCarte Blanche


営業時間
ランチ :11:30〜14:00 (L.O.)
ディナー:17:30〜21:30 (L.O.)
定休日:毎週火曜
   (祝日の場合、翌日水曜)

TEL 06-6252-0880

〒541-0058
大阪市中央区南久宝寺4-1-1 B1
地下鉄本町駅13番出口より徒歩3分

by madamregina | 2014-05-09 17:00 | Gourme | Comments(0)

たくさんのひっかかりのある人生Part2   

2014年 05月 09日


ほぇええええええーーーっ。

昨日は疾風怒濤の日だった・・

しかし、素敵な方と素敵なイベントのお話なんかもあり、

いろんなことが動き出した日でもありました。


ま、それなりに、大変なこともありますが、

人生、悪いこともあれば、

いいこともあるっ!

そう言う意味で、

おいらの人生は、つくづく、

「たくさんのひっかかりのある人生」だなぁと思う。


これは、
かつて森瑤子さんが、

自身の本にサインしてくれた言葉。

この言葉にまつわる、エッセイ。

何度か同じ内容で書いたけど、

よかったら、読んでくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【たくさんのひっかかりのある人生】

ある年の夏。

森瑤子さんの突然の死を取材先のボストンで知った。

その日、真っ青な空の下を呆然と歩き続けた、

クインシー・マーケットの風船の色をいまもときどき、思い出す。

森さんにはじめて会ったのは、

「情事」ですばる文学賞を受賞された、数年ののちだった。

「誘惑」「嫉妬」・・と彼女の小説世界にのめりこんでいた私は、

当時某雑誌の編集を手がけていて、

まるで初恋の人にはじめて会いに行く少女のような気持ちで、

京都に旅行中だった彼女を、

インタビューのためにたずねたのだった。

33~35歳は女として最も完成する時期なのに、

誰も自分のことを認めてくれない。

どうしたら、その奈落の底から這い上がれるか、

どうしたら、みんながふり向いてくれるか、

どうしたら、夫がもう一度自分を尊敬してくれるだろうかと、

森さんはもがき続けたと言う。

そうした十分すぎる飢餓をかいくぐった直後に、

はじめて書いた小説が、

『情事』だった。

「小説の中に自分の飢えを塗りこめることによって、
現実のわたしは救われたのだと思います」

そんな話を聞かせてくれた。

その後も個人的に食事やお酒を飲む機会に恵まれた。

憧れていた飯倉の「キャンティ」にはじめて連れて行ってくださったのも、
森さんだった。

「デザートにはね、洋ナシのタルト、カルバドス、
そしてエスプレッソの組み合わせが最高よ」

そんなことも教わった。

夫や母親、そして子供たちとの壮絶な葛藤を描いた、

彼女の私小説とも言える著書『夜ごとの揺り篭、あるいは戦場」には

こんなサインをくださった。

『たくさんの、ひっかかりのある人生・・・・・森瑤子』

森さん流の私への人生のエールだと思った。



冬の京都や、サンモリッツのスキー場や、軽井沢の別荘から、

何通も便りをいただいた。

いちばん最初にいただいた手紙には、

こんなことが書かれてあった。

「ご自分では気がつかない
情熱のようなものがあって、
それが周囲を巻き込んでいます。
その情熱を大切に」

その手紙はいまも大切に持っている。

東京に行くと

「ランチをしましょ」

と言って、忙しい中いつも出てきてくださった。

いままで自宅で原稿を書いていたとは思えないほど、

お洒落な装いで、

颯爽と現れた森さんは、

本当に美しく輝いていた。

ふとワイングラスを持つ右手中指に見つけたインクの染み。

あの、モンブランのブルーの色と、

彼女にもらった言葉たちは、

いまも私の中で鮮やかに、生き続けている。

by madamregina | 2014-05-09 15:14 | Life

岡本のディパーチェ→スタバ→芦屋竹園の一日   

2014年 05月 08日

岡本のディパーチェ→スタバ→芦屋竹園の一日_f0215324_0472637.jpg




そしてーーー。

銀行のあとw,

岡本にある、ビューティサロンディパーチェへ行ってきました。

先日、トークショーのゲストに来ていただいた、

カリスマヘアスタイリスト連さまこと、

連尺野誠さんが経営するサロンです。

で、カットとハイライトをして頂こうと、

思っていたのですが、

頭皮と髪のためにも、

黒くなっていた部分だけ、

リタッチにしましょう…と。

そうしたら、

生え際が、いい感じになりました。

ほんのちょっぴり出ていた白髪も消えちゃった。


ハイライトをいれると、

めちゃ時間かかるし、

確かにしんどい。

リタッチだけだと、

時間もあっと言う間。

費用もリーズナブルです。

さすが、連さまっ。お客さん第一で、
考えてくださっています。

それも人気の秘訣ですね〜。


最近、私の友人で、
連さま率急上昇なんですよねー。

ブロウは、
連さまの片腕、とも言える、

川島ユカさんにしてもらいました。

いつもセンターわけだけど、

今日は、ちょっと横に流しましょうか…と。

私のFacebookも

見てくれているらしく、

松澤さん、いつもリバース巻きですよね!

と、素敵に仕上げてくれました。

川島さん、若いけど、

めっちゃセンスあって、

私たち年代のマダムたちからも大人気!

おまけに、かわいーの。

あたくしは、ズタボロの格好、

及び、寝不足、

バスメイク(バス車内で、ちゃちゃっとしたメイク)

で、ヨレてて、失礼いたします〜。(≧∇≦)


そして、

ディパーチェさんのあと、

岡本のスタバで、ちょっこし、

あぶら売ってましたん。


クロックマダムと、
カフェラッテ、
美味しかった。


岡本のディパーチェ→スタバ→芦屋竹園の一日_f0215324_0473089.jpg


ひとりだったけど、
久々のスタバ楽しかった。

岡本のスタバの午後3時は、
かわいい学生たちで、
混み合ってて、
なんか、NYやボストンのスタバを思い出しました。

アメリカに行ってた頃は、

しょっちゅう、スタバに行ってて、
作家もどきな大学生が、
わんさといて、
この中から名を上げる人が
いるんかなぁ、なんて、
ピーポーウォッチングするのも、
たのしかったね。

その街のスタバに行けば、

地域の特性が一発で、わかるよね。

そーいえば、
ユーミンがかつて、
深夜のロイヤルホストは、
歌作りの宝庫、
みたいなことを書いていた。

そこに集う若い子たちの会話には、
私のつくる、歌のかけらが、
無限にあると。

そう言う意味では、
時代は変わり、
いまは、スタバこそ歌詞作りの、
宝庫かも。

私の隣りにいた、女子学生たちは、
玉の輿に乗るメリットと、
デメリットについて、
語っており。

ひとりのべっぴんで、
堅実で上品そうな女子は、

玉の輿って、そんなにいい?
なんか、罠がありそーや、
と、疑問を呈しておりました。

私は就活、一生懸命するわ。と。

なるほど。

おねーちゃんも、その意見に賛成。

と、いつの間にか疎遠になってた、
スタバで、
女子たちの話に耳を傾けつつ、
クロックマダムを
完食した、松澤であった。


そして・・・

芦屋にもどって、

竹園に突撃っ。


お肉をあれこれ買いまして、

もうーーーー今日は欲望に逆らえませんでしたーー。

岡本のディパーチェ→スタバ→芦屋竹園の一日_f0215324_0472847.jpg




なわけで、

ミンチカツとコロッケという、黄金コンビをget。


みなさま、だいたい揚げてもらって、お家に持って帰られるみたいですが、

やっぱり揚げたて食べなーーー。


というわけで、

またもやお店の前のベンチにて、

いただきまーすっ!



岡本のディパーチェ→スタバ→芦屋竹園の一日_f0215324_0472735.jpg




もう、女ひとり、コロッケを頬張り、ミンチカツを頬張り、

かわりばんこにいただきながら、

あーーー。

食べた後、ヘルシア、一応飲んでおきました。

いや、効果あるのかないのか、わかんないけど、

岡本のディパーチェ→スタバ→芦屋竹園の一日_f0215324_0472960.jpg




せめてもの、罪滅ぼし (って誰にーーーーーっ?!笑)

by madamregina | 2014-05-08 01:04 | Diary

銀行でお金を引き出すときに…   

2014年 05月 08日

かなり、どーでもいい長文、

失礼いたします。

今日は、銀行に行っておりまして、
会社の口座から、
ちょっくらお金を出そうと、
窓口を利用したんですよね。

で、緊張しながら、
カウンターで、
引き出し用の紙に
口座番号と、
口座名をきちんと書き、
金額を記入。

漏れがないか、何度も見直し、
印鑑もきっちり押しまして、
窓口へ。

いや、なぜ、私がこれほどまでに慎重になるのか、と申しますと、
銀行関連の書類で、
一発でOKだった試しがないからなんですわ。

この前も、
口座名のところで、
窓口の方に、
「口座名は、正式に代表取締役社長とお名前まで書いてください」

と言われ、代表取締役社長って、誰や?

と、思ったら、わしじゃないか!

ま、そんなことはしょっちゅうですが、
以前は、カウンターで、書類に銀行印を、押そうとして、
すぐ隣りにいた方が、
ちょうどカウンターの上に置かれていた、
印鑑を間違って、
手に取り、押しそうになったこともあるねん。
ひー。

もー、そのときの、
お隣りのマダムの驚きようと言ったら…。
平に謝りましたら、
いや、あなた、おもしろい方ね、と、感心されたわよ。
そのあほう加減に…。

また、この銀行では、こんなこともあったな?

某日、ソファに腰かけ、順番を待っていましたら、
「印鑑を落とされた方は、いらっしゃいませんか?」

とのアナウンス。

はーっ、銀行で、印鑑を落とすバカも、いるもんだ、と、
内心せせら笑っておりましたら、

またまた、どびつこく、
「こちらの印鑑を落とされた方いませんかぁ❗️」

と、必死で叫ぶ工員さん。

ふと、見ると、
えーーっ、えーっ。
どっかで見たな…

と思ったら、
ひょえー、
わ、わ、我が社の社印じゃ
ないっすかっ?

急いで取りに行ったときの、
周囲の方の、あの失笑…。
恥ずかしかった。

ま、そのように銀行では、
何かアクシデントが起きるので、
常に超緊張しているわけです。

なので、今日も、
通帳よしっ。
銀行印よしっ。
口座番号よしっ。
口座名よしっ。

と、まるで、車掌さんのように、
自ら号令をかけて、窓口に行ったんです。

なのに、さっき受け付けしてくれた、窓口の方が焦って、
我が社の名前を連呼されました。

な、なんですかな?

と、窓口にいきましたが、
間違いはないはずなので、
余裕のわし。

すると、言いにくそうに。
「あのー、この金額、もしかして間違われていらっしゃいますよね」

え?
どこが…と、不思議に思って、ようく見ると、
ご、ご、5千万になっとるやないかっ❗️

驚きました。

ま、そのようなわけで、
正しい金額を記入したわけですが、
あの引き出し用紙の
金額の欄、
みなさま、ご存知でした?
百億の桁まであることを。

あんなチャチな用紙で、
何百億も、引き出すことができるんですね。

いやぁ、そのことにびっくりしたわ。

by madamregina | 2014-05-08 00:17 | Diary