<   2014年 07月 ( 38 )   > この月の画像一覧   

8月1日。中野香織さまとガブリエル・ココ・シャネルについて語ります!   

2014年 07月 23日
f0215324_21254551.jpg



さて!

みなさまーっ。

8月1日リーガロイヤルホテルで開催される、

ガブリエル・ココ・シャネルについて語る、トークショー。

このトークショーにも来てくださる、

とっても素敵な陶芸作家のかずみちゃんが、

感動のブログを書いてくださいました!

かずみちゃんが、

ココ・シャネルに憧れ、

シャネルを代表する香りNo.5が作られた南仏のグラースを訪れ、

オリジナルの香水を作られたお話や、

19歳のとき、

海外出張が多かったお父様からお誕生日のプレゼントに贈られたシャネルの、リュック。

それが、かずみちゃんのファーストシャネルだったこと…。

そして、

あまりに嬉しくて涙が止まらなくて、

シャネルのリュックを一晩中抱きしめながら、眠れなかったこと…

そんな物語を読みながら、

私、泣いちゃったよ。

そうなんですよね。

シャネルは、全ての女性の憧れ。


19歳の女の子が、

ファーストシャネルを手にした夜、

抱きかかえながら、眠る…

そんな夢と憧れの象徴。

そこに、シャネルが築き上げてきた、ブランドと言う名の真髄があると思います。

いや、トークショーでは、

知のヘビー級チャンピオン中野香織さんと、

フライ級の私が何を語ればいいんだろう…とちょっぴり不安だったんですが(≧∇≦)

シャネルの生き方や、恋や仕事について、なにか、難しいこと言わなきゃって、

考えすぎてたな、私(笑)

だけど、大切なことは、このブログに書かれていました。

かずみちゃん、素敵♡

私も遠い昔、あなたと同じように、

ファーストシャネルを手にしたときの喜び…。

そんな少女の頃のシャネルへの憧憬を、思い出させてくれて、ありがとう。


と言うわけで、みなさまもぜひかずみちゃんのブログ、

ご覧になってくださいね。



【わたしのファーストシャネル♡】






こちらは中野香織さまが、ブログで、
ご紹介してくださった、告知文です。


きゃん♡






真夏の大阪で、ガブリエル・ココ・シャネルにかこつけた

女の人生(ここだけの話)語り尽くしのトークショー。

大阪リーガロイヤルでは治外法権ってことで(笑)、これまでグレーゾーンにしてきた活字にできない話も飛び出すかもです。

お相手も観客も、ただスカした話では満足してくれないツワモノマダム。東京でのトークショーとはがらりと変えたマインドと衣装で臨みます。
もちろん男性も大歓迎です!
涼しくラグジュアリーなホテルでアツいお話、ソンはさせません(大阪ではとりわけこのあたりシビアですから!)

お問い合わせ、お申込みはリーガロイヤルホテル エコール・ド・ロイヤルまで。




いや、さすがです。

これ、読むとわたしまで行きたくなりましたっ(笑)



このトークショーはぜったいおもしろいと思うの。

えーーっ⁈


まだ、申し込まれてません?

あかんがなー(笑)

きゃん♡


講座へのお申込みはこちらから



講師 松澤 壱子(ホテルジャーナリスト)、中野 香織(エッセイスト、明治大学特任教授)
開催日・時間 2014年8月1日(金) 13:30~15:00(受付13:00~)
受講料 ¥5,500(コーヒー・焼菓子付き、税金・サービス料含む)
会場・受付 クラウンルーム(タワーウイング28階)
キャンセル締切 2014年7月29日(火)17:00
この講座のお申し込み
リーガロイヤルホテル エコール ド ロイヤル事務局

TEL:(06)6441-2938<受付時間 9:30~17:00 / 日祝休み>
FAX:(06)6448-0903


by madamregina | 2014-07-23 21:36 | Work

月日がたっても、色褪せない服   

2014年 07月 23日
f0215324_0423833.jpg
f0215324_0421575.jpg
f0215324_0411496.jpg
f0215324_0405136.jpg


ちょっくら、

写真を探していまして、
iPhotoをさかのぼっていましたら、

3年前ぐらいのHawaiiや屋久島で、

Regina Romantico   

のお洋服いろいろ着ている写真を発見。

いや、レジィーナのお洋服って、

何年経っても、

色褪せず、

いつも見ても、新鮮なんだ・・・と改めて思ったよ。


どれもが名作なんですよね。

時間がたっても、古びない。

わたしだけの

ヴィンテージレジィーナ、

オールドレジィーナとして、

ずっと愛し続けていきたい・・・

そんなブランドです。


これって、凄いこと。

わたし、いまもこのレオパード、

着たいもん。

これからの季節、いい感じでしょ?

レジィーナロマンティコ

ますます大好きだっ!

by madamregina | 2014-07-23 00:43 | Regina Romantico

Family Houses by the Sea   

2014年 07月 23日
f0215324_23563637.jpg





もうね。

何度も紹介してるねんけど、

この写真集は、

私のインテリアのバイブル。

f0215324_23563832.jpg




ページをめくると、

アメリカメイン州にある歴史あるコテージから、

カリフォルニアのモダンなマリブの別荘。


そして、

フランス、イングランド、スカンジナビアの、

Family Houses bythe Sea…の世界が広がります。

中でも、

私が愛して止まないのは、

アメリカ東海岸のイーストハンプトンや

メイン州の海辺の別荘、

そして、ナンタケットの破風屋根のコテージとかの

品のあるアメリカカントリーの世界。


f0215324_23563469.jpg


f0215324_23563344.jpg




ギンガムチェックのテーブルクロスが似合うキッチンや

暖炉のあるリビング。

白い板張りのベッドルーム…


f0215324_23554150.jpg


f0215324_23563117.jpg


f0215324_23553820.jpg


f0215324_23552662.jpg

f0215324_23553726.jpg


f0215324_23552621.jpg


f0215324_23552552.jpg



何回見ても、素敵。

憧れるっ。

うちは海ではなく、山の家だけど、

白い板張りだけは、

ちょっと真似てみた。


で、先日いただいたひまわりを、

イングランドのホーローの花さしに入れて、

玄関を少しだけ、

夏仕様にしてみましたーーーっ。



f0215324_23563725.jpg



f0215324_23563565.jpg

by madamregina | 2014-07-23 00:34 | Country Life

今日のお昼〜   

2014年 07月 21日
f0215324_1494117.jpg

f0215324_1494274.jpg



えーっと。

FacebookやTwitterを見ておりますと、

ほんっと、みなさま、ご馳走の嵐!

美味しそうなお料理のお写真を横目で見ながら、

あっしのランチはこれだ。

粗食に耐えております(笑)

また、大根おろしトマト半田ソーメンですよっ。

大根おろしに、湯むきしたトマトを刻んで入れて、

オリーブオイルと、塩少々。

あとは、いかりのそうめんだし。

で、シソをのせて、出来上がり。

簡単なのに、激うまっ。

今日、壁ちゃんにいいこと聞いたんだけど、

トマトは冷凍しとけば、水につけるだけで、皮がつるりと、向けるらしい。

これで、さらに簡単だっ。

みなさま、ご存知でした?

この方がリコピンちゃんも大量にとれるらしい。

さすが、スーパーカリスマ主婦、壁ちゃんっ。

で、なにやら、地味な色の炊きものは、

ケンチン煮の残り汁に残りもののお肉と小松菜を入れたやつ。

で、お茄子の煮浸し。

どちらもほんと、地味だが、

優しい味。

賢島で買ったアオサのお味噌汁は、

ちゃんと出汁を取って

作ってみたん。

何といいますか、

冴えないけど(笑)

おだやかな休日ですな^^;

by madamregina | 2014-07-21 15:31 | Gourme

人生は、やっぱりHalekulaniだろーー。   

2014年 07月 21日
f0215324_12353510.jpg



梅雨も、明けました。

いや、

デブラッセル投稿してる場合じゃないよ(≧∇≦)
好きだけど。

みなさま、ごきげんな夏休みをお過ごしのご様子。


私も、どっか、行きたいっ。



でも、いっちばん行きたいのは、やっぱりここだろー⁈

5月に行ったばかりなのに、もう100年ぐらい前のことに思えるーーー。

そんなわけで、

ただいま、こちらに滞在中のご夫妻の投稿を、

涙目で、見つめているわたくしです。

そして…

思い出アルバム投稿する、

まつざわ、カナシ。

およよ。

人生はやっぱり、ハレクラニだろーーーっ。


f0215324_12353699.jpg

f0215324_12353794.jpg

f0215324_12354139.jpg

f0215324_12354821.jpg

f0215324_12355151.jpg

f0215324_12355337.jpg

f0215324_12361888.jpg

f0215324_12361927.jpg

f0215324_12362233.jpg

f0215324_12362639.jpg

f0215324_12362831.jpg

f0215324_1236316.jpg

f0215324_12363569.jpg

f0215324_12363842.jpg

f0215324_12364485.jpg

f0215324_12364683.jpg



f0215324_124821100.jpg

f0215324_1248228.jpg

f0215324_12482472.jpg

f0215324_12482577.jpg

f0215324_12482691.jpg

f0215324_12482535.jpg

f0215324_12482780.jpg

f0215324_12482881.jpg


f0215324_12483570.jpg

by madamregina | 2014-07-21 12:42 | Halekulani

いわゆる、好きな「男のタイプ」ってやつについて考えてみた   

2014年 07月 21日
f0215324_1228418.jpg




またもや長文ですっ。

以前ちょっくらブログにもUPした内容ですが、

それに加筆しまして、

投稿いたしますのことよ。

えーっと。

私の男の趣味は、昔っからあんまりかわっていません。

いわゆる、イケメンってやつには
ほんとど興味なし。

でも、

そんな女友達、意外と多いです。

「えっ?マジ?」

というような、男を好きになる女たちが。

髪の毛爆発してたり、

ちょっとどこかが破綻してるような、

ま、一風かわった男ね。

外見は冴えないけど、頭が最先端だと、

そのギャップにも惚れやすい。

女は男の外見、あまり気にしてません(えっ?わしだけ?)

不潔なのは困るけど、

それ以外は全てオッケー。

ようは、中身ですわ、奥さん。

お金はちょっと関係ありますけど、

それほどなくても、好きになれる(スッカラカンはいやだけどさ)

あと、何度も書いてますが、
建設現場で働く男たちにも、ちょこっとひかれます。

だいたい建設現場系にいる人たちって、

若くてビジュアルが素敵な人多いよね(笑)

あれ?イケメンには、さっき、
ときめかないって言ってなかった?

いえ、建設現場は例外(笑)

ほんと、ときどき、ジャニーズ系大集合かい?ってほど

超ゴージャスな建設現場に出くわすことだってあります。

ニッカボッカっていうんですか?

あの膨らんだパンツを

風になびかせ自由に梯子を上ったり降りたりする姿に

釘付けよ・・・(笑)。

建設現場の、青空のもと、

悠々とした立ち姿で、

黙々と仕事をこなしていく彼らには、

なんだか、原始の男の魅力を感じるんだな。

笑顔が特にいい。

へんな駆け引きなんてしなさそう。

お昼時になると愛妻の作ったお弁当を食べ、

休憩には美味しそうにタバコを吸う(本来タバコ吸う男は苦手なのだけど)

そんな彼らにミレーやゴッホが描く農家で働く男たちの

崇高なる労働のあるべき姿を見る、といえば、言いすぎ?

車はアストンマーティンがいいとか、

クツは○○○のイタリア製とか、

シャンペンとイベリコ生ハムべリョータは合うよね・・

なんて口走りながら、クリエーターな日々を送る男たちより

ずっとカッコイイと思うのは私だけ?

もちろん、ハーバードメディカルスクールで、

がん遺伝子の研究してます、とか、

カルロス・クライバーが好きです・・なんていう男たちの

物憂げなフェイスにもひかれるわし、ではありますが、

建設現場の男たちがかもし出す圧倒的なオスのフェロモンには

かなわねー。

ちなみに、外見でいえば、

LAコンフィデンシャルのときのラッセル・クロウがかなり好き。

ガテン俳優です。(ほんとは知的な人ですけどね)



まあ、もともとわたくし、デブ専なんですけど(笑)、

このときのラッセルほど、いかしたラッセルはいなかったね。

これ以降になると、デブ専を遥かに超越した、

デブデブしさが顕著になり、

もはや、「ラッセルベア」(まあ、キライじゃないが)

彼の作品でいちばん好きなのは、
実は、

ずいぶん前の映画ですが、
「プルーフ・オブ・ライフ」の孤高の人質交渉人役。

ツボすぎたーー。

この映画で、共演した、

当事デニス・クエイドの妻だった、

メグ・ライアンと不倫しちゃったラッセルですが、

そりゃ、惚れるわよーメグもっ。

あんな、フェロモンもんもんだったらさー。

だいたい、この映画の役柄がもう、

わたしの好きな男のタイプそのまんまなんだよー。

内容をかいつまんで言うと、

テリーは、国際的な人質事件を専門に扱うプロの交渉人。会社の要請で南米の国テカラのアメリカ人技師ピーター誘拐事件を扱うことになる。が、300万ドルの身代金交渉をすすめる前に、経営危機に陥ったピーターの会社が保険をキャンセルしていたことが発覚。悔しさを噛み締めながら、テリーはテカラを去る。しかし、悲しみと怒りに震えるピーターの妻アリス(メグ・ライアン)を前に、テリーは再びテカラに舞い戻り、夫を生きて連れ戻すと誓い、プルーフ・オブ・ライフ=生存証明を開始するのだったが……。

ラッセル扮する交渉人と旦那を誘拐された妻メグ・ライアンは

とんでもなく過酷な日々の中で次第に、互いに惹かれあっていく。

でも交渉人は、

生きて夫を連れ戻すという任務を持ちながら、

その妻を好きになるなんて、あり得ないわけで、

彼女への気持ちはおくびにも出さず、

黙々とオットを連れ戻す作戦に埋没する。

でも、いざ、敵陣に突撃・・・という、命をもかけた作戦を決行する日、

ふたりはただ黙って、キスだけする・・・

・・・のだけれど、

このときのラッセルが、もうーーーーーーーーーーーー

あなたどんだけーやせ我慢ーーーーっ?!

ってほど、カッコいいんです。

そうなのよー。

わたしが好きなのは、

むちゃくちゃやせ我慢な男です。

ハードボイルドな男です。

自分のことはどうでもいい・・・・

という、自分を勘定に入れない、男です。

それとは真逆に

つれない男にも惹かれますねん。

どれだけ愛してもその100分の1の愛さえ、

返してくれない男。

いつもヒリヒリ心が火傷しそうな男。

ワルで危険な男もいいっ。

そしてね。

当たり前な話ではありますが、

善と悪。

光と闇。

陽と陰。

昼と夜。

太陽と月。

っていう感じで、

女の花道を歩むためには、

相反する2人の男が必要だと思うわけよ。

それと。

静と動。

安定と不安。

予定調和と一寸先は闇。

という、両極端も必須です(これって、わたしだけ?)

安心する男と不安にさせる男。

緊急時にはいつも毛布を持って、

かけつけてくれる救急隊員みたいな男と、

たえず、要酸素吸入!みたいにいつもハラハラさせてくれる、

ジェットコースター男。

たとえば、

永遠に振り向いてくれなさそうーな人。

1000年たっても、自分のものにはできなさそーな人。

会った瞬間から、なぜかわかんないけど、

微妙なカナシミと、せつなさを感じさせる男にもひかれます。

これって、おいらが20年近く愛し続けている、
イギリスのスター、Michael Ballさんのことじゃないの?

と思う人もいるかしらん(たぶんそうw)

で、なんだか脈絡のないこと、

あれこれ書いてしまいましたが、

最後に、

わたしが好きな小説の中のセリフをひとつ、
ご紹介したいと思います。

それは、

エミリー・ブロンテの「嵐が丘」の中で主人公キャシーがつぶやく言葉です。

そういえば、英国のヨークシャデールに行ったとき、

映画、「嵐が丘」そのままの風景が

残っていたよね。

ごつごつとした岩の上を流れていく雲。

それが一瞬のうちに、灰色の世界へとかわる、あの不吉な感じ。

あの、光景には胸が締めつけられた。

あまりにも荒涼としたところで。

そう。

ほんとにレイフ・ファインズ主演の「嵐が丘」で見かけた、

シーンとそっくりそのままでした

(この映画、評価はボロクソでしたけど、レイフはかっこよかった)

えと、話を戻して・・。

みなさまもご存知のように、

主人公キャシーには、運命の二人の男がいます。

幼い頃からいつもそばにいる宿命の相手ともいえる、ヒース・クリフ。

そして大人になって恋をし、やがては結婚するリントン。

このふたりの男の間で彼女の心は、揺れ動くのよね。

そして、

キャシーはこのふたりのことを

こんな風に表現するわけ。

『リントンへの愛は紅葉する葉のように移り変わる。

でもヒースクリフへの愛は岩のような存在だ。

私の生きる力だ。』

おおおお。

これ何度もいろんなところで書いてるけれど、

なんちゅう、名言!

そうよ。

生きる力はぜーったい必要だ。

でも、ハラハラと美しく舞う、

木の葉も、必要。

女なら、

どちらのタイプの男も、欲しいよね、

長い人生にはさ。 
写真: 【いわゆる、好きな「男のタイプ」ってやつについて考えてみた】


真夜中にまたもや長文ですっ。

以前ちょっくらブログにもUPした内容ですが、

それに加筆しまして、

投稿いたしますのことよ。

えーっと。

私の男の趣味は、昔っからあんまりかわっていません。

いわゆる、イケメンってやつには
ほんとど興味なし。

でも、

そんな女友達、意外と多いです。

「えっ?マジ?」

というような、男を好きになる女たちが。

髪の毛爆発してたり、

ちょっとどこかが破綻してるような、

ま、一風かわった男ね。

外見は冴えないけど、頭が最先端だと、

そのギャップにも惚れやすい。

女は男の外見、あまり気にしてません(えっ?わしだけ?)

不潔なのは困るけど、

それ以外は全てオッケー。

ようは、中身ですわ、奥さん。

お金はちょっと関係ありますけど、

それほどなくても、好きになれる(スッカラカンはいやだけどさ)

あと、何度も書いてますが、
建設現場で働く男たちにも、ちょこっとひかれます。

だいたい建設現場系にいる人たちって、

若くてビジュアルが素敵な人多いよね(笑)

あれ?イケメンには、さっき、
ときめかないって言ってなかった?

いえ、建設現場は例外(笑)

ほんと、ときどき、ジャニーズ系大集合かい?ってほど

超ゴージャスな建設現場に出くわすことだってあります。

ニッカボッカっていうんですか?

あの膨らんだパンツを

風になびかせ自由に梯子を上ったり降りたりする姿に

釘付けよ・・・(笑)。

建設現場の、青空のもと、

悠々とした立ち姿で、

黙々と仕事をこなしていく彼らには、

なんだか、原始の男の魅力を感じるんだな。

笑顔が特にいい。

へんな駆け引きなんてしなさそう。

お昼時になると愛妻の作ったお弁当を食べ、

休憩には美味しそうにタバコを吸う(本来タバコ吸う男は苦手なのだけど)

そんな彼らにミレーやゴッホが描く農家で働く男たちの

崇高なる労働のあるべき姿を見る、といえば、言いすぎ?

車はアストンマーティンがいいとか、

クツは○○○のイタリア製とか、

シャンペンとイベリコ生ハムべリョータは合うよね・・

なんて口走りながら、クリエーターな日々を送る男たちより

ずっとカッコイイと思うのは私だけ?

もちろん、ハーバードメディカルスクールで、

がん遺伝子の研究してます、とか、

カルロス・クライバーが好きです・・なんていう男たちの

物憂げなフェイスにもひかれるわし、ではありますが、

建設現場の男たちがかもし出す圧倒的なオスのフェロモンには

かなわねー。

ちなみに、外見でいえば、

LAコンフィデンシャルのときのラッセル・クロウがかなり好き。

ガテン俳優です。(ほんとは知的な人ですけどね)



まあ、もともとわたくし、デブ専なんですけど(笑)、

このときのラッセルほど、いかしたラッセルはいなかったね。

これ以降になると、デブ専を遥かに超越した、

デブデブしさが顕著になり、

もはや、「ラッセルベア」(まあ、キライじゃないが)

彼の作品でいちばん好きなのは、
実は、

ずいぶん前の映画ですが、
「プルーフ・オブ・ライフ」の孤高の人質交渉人役。

ツボすぎたーー。

この映画で、共演した、

当事デニス・クエイドの妻だった、

メグ・ライアンと不倫しちゃったラッセルですが、

そりゃ、惚れるわよーメグもっ。

あんな、フェロモンもんもんだったらさー。

だいたい、この映画の役柄がもう、

わたしの好きな男のタイプそのまんまなんだよー。

内容をかいつまんで言うと、

テリーは、国際的な人質事件を専門に扱うプロの交渉人。会社の要請で南米の国テカラのアメリカ人技師ピーター誘拐事件を扱うことになる。が、300万ドルの身代金交渉をすすめる前に、経営危機に陥ったピーターの会社が保険をキャンセルしていたことが発覚。悔しさを噛み締めながら、テリーはテカラを去る。しかし、悲しみと怒りに震えるピーターの妻アリス(メグ・ライアン)を前に、テリーは再びテカラに舞い戻り、夫を生きて連れ戻すと誓い、プルーフ・オブ・ライフ=生存証明を開始するのだったが……。

ラッセル扮する交渉人と旦那を誘拐された妻メグ・ライアンは

とんでもなく過酷な日々の中で次第に、互いに惹かれあっていく。

でも交渉人は、

生きて夫を連れ戻すという任務を持ちながら、

その妻を好きになるなんて、あり得ないわけで、

彼女への気持ちはおくびにも出さず、

黙々とオットを連れ戻す作戦に埋没する。

でも、いざ、敵陣に突撃・・・という、命をもかけた作戦を決行する日、

ふたりはただ黙って、キスだけする・・・

・・・のだけれど、

このときのラッセルが、もうーーーーーーーーーーーー

あなたどんだけーやせ我慢ーーーーっ?!

ってほど、カッコいいんです。

そうなのよー。

わたしが好きなのは、

むちゃくちゃやせ我慢な男です。

ハードボイルドな男です。

自分のことはどうでもいい・・・・

という、自分を勘定に入れない、男です。

それとは真逆に

つれない男にも惹かれますねん。

どれだけ愛してもその100分の1の愛さえ、

返してくれない男。

いつもヒリヒリ心が火傷しそうな男。

ワルで危険な男もいいっ。

そしてね。

当たり前な話ではありますが、

善と悪。

光と闇。

陽と陰。

昼と夜。

太陽と月。

っていう感じで、

女の花道を歩むためには、

相反する2人の男が必要だと思うわけよ。

それと。

静と動。

安定と不安。

予定調和と一寸先は闇。

という、両極端も必須です(これって、わたしだけ?)

安心する男と不安にさせる男。

緊急時にはいつも毛布を持って、

かけつけてくれる救急隊員みたいな男と、

たえず、要酸素吸入!みたいにいつもハラハラさせてくれる、

ジェットコースター男。

たとえば、

永遠に振り向いてくれなさそうーな人。

1000年たっても、自分のものにはできなさそーな人。

会った瞬間から、なぜかわかんないけど、

微妙なカナシミと、せつなさを感じさせる男にもひかれます。

これって、おいらが20年近く愛し続けている、
イギリスのスター、Michael Ballさんのことじゃないの?

と思う人もいるかしらん(たぶんそうw)

で、なんだか脈絡のないこと、

あれこれ書いてしまいましたが、

最後に、

わたしが好きな小説の中のセリフをひとつ、
ご紹介したいと思います。

それは、

エミリー・ブロンテの「嵐が丘」の中で主人公キャシーがつぶやく言葉です。

そういえば、英国のヨークシャデールに行ったとき、

映画、「嵐が丘」そのままの風景が

残っていたよね。

ごつごつとした岩の上を流れていく雲。

それが一瞬のうちに、灰色の世界へとかわる、あの不吉な感じ。

あの、光景には胸が締めつけられた。

あまりにも荒涼としたところで。

そう。

ほんとにレイフ・ファインズ主演の「嵐が丘」で見かけた、

シーンとそっくりそのままでした

(この映画、評価はボロクソでしたけど、レイフはかっこよかった)

えと、話を戻して・・。

みなさまもご存知のように、

主人公キャシーには、運命の二人の男がいます。

幼い頃からいつもそばにいる宿命の相手ともいえる、ヒース・クリフ。

そして大人になって恋をし、やがては結婚するリントン。

このふたりの男の間で彼女の心は、揺れ動くのよね。

そして、

キャシーはこのふたりのことを

こんな風に表現するわけ。

『リントンへの愛は紅葉する葉のように移り変わる。

でもヒースクリフへの愛は岩のような存在だ。

私の生きる力だ。』

おおおお。

これ何度もいろんなところで書いてるけれど、

なんちゅう、名言!

そうよ。

生きる力はぜーったい必要だ。

でも、ハラハラと美しく舞う、

木の葉も、必要。

女なら、

どちらのタイプの男も、欲しいよね、

長い人生にはさ。 

by madamregina | 2014-07-21 12:29

夏のネイルはバービーピンクでっ@Nailsalon PLUMERIA   

2014年 07月 20日
f0215324_1134989.jpg


どもども、
明日は海の日。

みなさま、海外や日本の素敵なリゾートに行ってる模様。

うらやましーぜっ!


おらは仕事だ(くーーーーっ)


でも、先日、大好きなネイルサロン、

道頓堀の、Nailsalon PLUMERIA、

ネイルチェンジに行って、

すってきなバービーピンクに仕上げてもらって、

しあわせーーーー。

プルメリアなんば店はね、

ミナミで青春時代を過ごした私にとっては、

いくたび、なつかしさがこみ上げるエリア。

というわけで、

ネイルの前に、ひっさびさに、

トラットリア・パッパでランチ!

いやあ、もうゆるぎなく、かわらない、この雰囲気もいい〜。

f0215324_1122967.jpg



で、わたくしたち、ぱーっと豪華なランチ行こうと思ったんだけど、

ネイルの時間があるので、

さくっと食べれる、Aランチに決定。

いやもう、感動しちゃった。

わたしは、イカとキャベツのクリームパスタ。

f0215324_1122427.jpg



相方は魚とトマトソース。

f0215324_1122597.jpg


このパスタの前に、

5種類ぐらいのアンティパストのお皿がやってくるんですが、

それ写真撮り忘れちゃったけど、

貝柱のフライやしらすのキッシュ、など、
どれもほんっとに美味しい。

これで、お値段、

驚くなかれ、税込みで1000円ですっ。

きゃーーー。もう感動の味とお値段。


これぞ、わたしたちが好きな、ずっと食べてきた、
気取りのないイタリアン。


こんなのロンドンかParisで食べたら、
たぶん、5000円はするからーーーっ。

マジです(恐)


さて、ランチのあと、幸せな気分で、

目指すプルメリアなんば店に突撃!

f0215324_1123464.jpg


道頓堀のすぐほとりのビルの3F.

もうね、この道頓堀の雰囲気、いいよね〜。


f0215324_1134120.jpg


ミナミの色だなぁ。

f0215324_1133857.jpg



お店もスタイリッシュで、

でも癒される空間です。

f0215324_1134832.jpg



f0215324_1134343.jpg


オフの作業も手早く、

あっという間に終了。

f0215324_1134412.jpg


そして、
いろいろ迷ったのち、

やっぱりピンクよね〜と

今回はバービーピンクにしていただいましたー。



ちょうどわたしの持ってる、

Halekulaniのギフトショップで買った、

このストールのこの色と同じだーー。

f0215324_1135156.jpg



f0215324_1135963.jpg



プルメリアネイル店では

毎月変わるアートの定期コースがあり、

そちらもめっちゃおすすめです!

どちらもオフ込みのお値段で、

こちらは4900円。

f0215324_1135215.jpg


f0215324_15521097.jpg




こちらが6500円です。

f0215324_1135436.jpg






詳しくはこちらのスタッフブログをご覧くださいね。



ただいま、FOOTネイルのネット限定キャンペーンがはじまっています!

なんと、
10本アートし放題¥5500です!!!
(2時間以内のアートのみ、オフ別途¥1080)

こちらは、

ネットでのご予約限定のクーポンです。

ホットペッパーのネット予約

ぜったい行ってみて!




■nail salon PLUMERIA

TEL:06-6282-7785

大阪市中央区道頓堀2-1-8ZELKOVA TRE3F

ホットペッパーのネット予約

スタッフブログ

by madamregina | 2014-07-20 15:47 | ネイルサロンPlumeria

有馬の薔薇風呂とBRのトリートメントで、幸せっ。   

2014年 07月 19日


f0215324_23361148.jpg



先週、久々に、
有馬に行ってきましたぁ。

伊勢志摩もいいけど、
有馬は、私にとって、
いちばん近いニッポンのリゾート。

そして私にとって、いちばん近いパワースポットなんですーーー・



なんといっても、ここには、私が愛してやまない、

おいらの人生の、

癒しとパワーの源、

CAAZEオーガニックスパがありますからーっ。

そして、

この日も、またまた、温泉にて偶然、薔薇風呂に遭遇。

f0215324_2336286.jpg




今回温泉内で写真は撮れませんでしたが、

もー、とんでもなく贅沢な薔薇たちが、花弁のまんま、

ジュータンを敷き詰めたみたいに浮いてるんですー。

こちらの薔薇、なんとすべて無農薬とのこと。

香りがほんとに上品で、

ただ温泉に入っているだけで、プリンセス気分よっ。

もう、いやなこと、ぜーんぶ忘れちゃったよ。

こちらは前回の薔薇風呂激写編w

f0215324_23362997.jpg


f0215324_23363027.jpg





そして、
薔薇風呂のあとは、

リンパドレナージュとBRのフェイシャルをして頂き、またもや、蘇生、浄化、リフトアップーーーーっ。

ああ、至福とはこのことね。

賢島プライムの、

スパオーシャンブリーズでは、

ナチュラビセでぴっかぴかの、

つっやつや、ピンッ、

にして頂きましたが、

あの輝きや脅威のリフティングパワーは、

こちらのBRの基礎トリートメントが、あったからこそなんですよね。

BR、ほんとに素晴らしいよ。

お肌がどんどん生まれ変わっていきます。

細胞レベルで元気に、健やかになっていく感じです。


f0215324_23362624.jpg


f0215324_2336254.jpg






こちらは、ゴッドハンドのセラピストのお二人。

坂井さんと、森本さん。

f0215324_23362982.jpg




お二人とも、素晴らしいセラピストです!

いやいつも、

素敵なトリートメントルームで、

トリートメントが永遠に続いて欲しい!と、願っちゃいます。

f0215324_23362487.jpg




左の坂井さんが手にしているのは、

BRのボディラインのクリームです。

身体のシルエットを美しく整え(これ大事よね)

肌ムラをなくす、最強のボディクリーム。マッサージ用グラブがついています。

森本さんが持っているのは、

BRのターゲットセラムPIGM400.こちらはフェイシャル用。

お肌に艶と輝きをもたらす、凄ーい必殺仕事人。



最近、私のBlogやFacebookを見て、こちらのサロンや、
ハイアットリージェンシーのジュールで、BRのフェイシャルトリートメントをする方が、
増えていらっしゃるとか。


先日も、CAAZEオーガニックスパに素敵なお二人のマダムがいらっしゃって、

フェイシャル&ボディトリートメントを受けられたそうです。

そのあと、BRの商品を、お二人ともなんとフルラインで、購入されたとか。

ほんっとに、うれしい限り!

みなさまも、

とにかく一度行ってみて!!!

いままで、行かなかったこと、

ぜったい後悔すると思うんだ。

前回のBRトリートメントについての詳しいBlogは

こちらを見てくださいね!



【BRのフェイシャルトリートメントのあと、すっぴん公開っ(>_<)




【幸せ!薔薇風呂とBRのリフティング艶肌トリートメント♡ 】










BRのトリートメントは、
以下のサロンで受けられます!

この連休もまだ間に合いますよーーーーっ!



■CAAZE Organic SPA

〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町1304-1 
[有馬グランドホテル(B2F)アクアテラス&スパ]
TEL:078-904-0181 
営業時間 14:00〜22:30(最終受付21:00)


◼︎The Day Spa Osaka

〒541-0046
大阪市中央区平野町1-8-14 北浜TDSビルヂング2F
TEL:06-6227-8085
営業時間 11:00〜20:00
定休日 毎週月曜日

■SPA & WELLNESS Joule

〒160-0023 東京都新宿区西新宿2-7-2
[ハイアットリージェンシー東京]
TEL:03-3348-1234(ホテル代表)
営業時間 10:00〜22:00

by madamregina | 2014-07-19 19:14 | The Day Spa

素敵な酵素、飲まなきゃね   

2014年 07月 17日

f0215324_1904986.jpg




最近、朝走るの、しんどいねん(笑)

で、夕方ジョグ。

ワンちゃんお散歩のマダムたちに遭遇する時間です。

今日はお向かいのご夫婦にバッタリ。

さ、山まで登ろう!

と、お誘い受けましたが、

あふ、辞退しました。

だって、しんどいやん(≧∇≦)

ひー。

Yさま。ごめんなさい。

次回はきっと!

で、ジョグの前と後にいつも飲んでる

素敵な酵素。


それがーっ!

しばらく品切れで、

10間ほど飲まなかったら、

むちゃ、からだがだるいんです。

やっぱり人間には酵素って、

必要なんですね。

f0215324_1905255.jpg



で、本日ようやく、

4本入り到着しましたっ。


f0215324_1905149.jpg


f0215324_1905027.jpg



ほんまに爽やかな甘さで、

夏は炭酸で割ると最高!

f0215324_1904960.jpg



世界中から厳選された、

ボイセンベリーやザクロ、

ヘスペリジン、アロニアが、
ぎゅっと凝縮されて、

配合されています。


美肌効果もあるし、

もちろん腸の働きも、よくなります。

何しろ、
これ1本の中に、
3300万個の生きた酵母菌が
入ってるんです。

f0215324_1905143.jpg



めちゃおすすめ!



こちらから買えますっ。

by madamregina | 2014-07-17 18:53 | Comments(0)

トマトおろしソーメン   

2014年 07月 17日
f0215324_1853141.jpg

f0215324_1853276.jpg

f0215324_1853336.jpg

f0215324_1853485.jpg




今日のお昼は、

徹子の部屋からの流れで、

上沼恵美子の
おしゃべりクッキングで見た、

トマトおろしそばをヒントに、



作ってみました!

なにしろお蕎麦以外は

ぜんぶ家にあったー。

で、壁ちゃんから頂いた

半田そーめんにアレンジ。

湯むきしたトマトを刻んで、

大根おろしと合わせ、

塩少々とオリーブオイルちょっと。


こちらは、元美さんに頂いた、

D&COの極上エクストラヴァージンオイルよっ。

あ、紫蘇がないな、

と思ったら我が家の庭にありました。

しかも、こーんなたくさん(≧∇≦)


そして。

ソースを冷蔵庫で冷やして、

半田そーめんの上にのっけて、

いかりのそうめんつゆを

かけて、頂きましたら、

ひゃー!

まいうー。

まいうー。

もー、
胃腸に優しいといいますか、

疲れた心と身体を癒してくれる、

すんばらしい味わい。

何回もおかわりして、

ヤバイわ。

食べたあとも、すっきり。

血液が浄化されるような、

トマトおろし半田そーめん、

めっちゃおすすめー!

by madamregina | 2014-07-17 18:50 | Comments(0)