<   2015年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧   

寝る前の楽しみ   

2015年 01月 22日
f0215324_023294.jpg



えっと、
いま、読んでる本です。

まるで一貫性ありませんな。


「その女アレックス」
は、寝る前には読めませんよ(≧∇≦)
この前気がついたら3時になってました。

早川書房などで1位全制覇。史上初の6冠とかで、
いや、さすがのおもしろさ。

「またあなたから買いたい!」

片道3時間半、乗客400人の列車の中で、
4倍売るカリスマ新幹線アテンダント、
斉藤泉さんの、
お客様の心を一瞬でつかむ秘訣・・・


接客について、ちょっとわたくし、いまお勉強中でして、
ある方からすすめれて、読みはじめました。

新幹線アテンダントって、
いわゆる、車内販売のワゴンの売り子さんなんですが、
彼女は、
企画力もすぐれていて、
たとえば、
不人気だった、
すき焼き弁当、
1ヶ月500個から7000個、一気に14倍の売上にした、
彼女のあっと驚くアイデアや、

お弁当を買う人には、
「お土産ですか?」
と意外な一言を付け加えて、
あ、お弁当って、お土産にもなるんだ・・
と思わせるトークなどなど。

いや、接客に関係のない仕事についている人にとっても、
ぜったいヒントになる秘訣がいっぱいつまってます。


「望郷」は以前読んだけど、
もう一度読み返したくて。

ちなみに、NHKの「まっさん」のエリーさんは、
我が母校、
帝塚山学院で英語を教えていたことがあったとか!
なんだか、うれしーね。



そしてー。
角田さんの

「おまえ
じゃなきゃ
だめなんだ」


角田さんはね、
紙の月以来ファンになっちゃったんだけど、
この本は一編ずつが
濁りのない清らかな小川の流れのようで、

心が浄化されます。

誰かに恋したときの、
無敵な気分なんかをさ、
ちょっと、思い出させてくれたり…。


…と、油断していると、
いきなり、心臓鷲掴みな言葉に出逢う。

特にね、
『約束のジュエリ−』の中の、
「世界に踏み出す」は、
最後の7行にまさかの涙よっ。


それは、平易な、
どこにでも見つけられる、
どうってことのない文章なのに、
なんであんなに、腕力があるんだ!


いや、なんといいますか、
自分でも思ってもみなかった、
心の奥の、ずっと奥に眠ってた、
何か、に触れさせてくれる本。

by madamregina | 2015-01-22 00:22

ネイルサロンPlumeria西宮   

2015年 01月 20日
f0215324_236282.jpg

f0215324_236582.jpg

f0215324_236880.jpg

f0215324_2361149.jpg

f0215324_2361219.jpg

f0215324_2361516.jpg

f0215324_2361818.jpg

f0215324_2361884.jpg

f0215324_2362234.jpg

f0215324_2362525.jpg

f0215324_2362877.jpg

f0215324_236312.jpg

f0215324_2363114.jpg

f0215324_2363262.jpg

f0215324_2363549.jpg



本日オープンした、
ネイルサロンPlumeria 西宮店、
に行ってきましたー。

阪神西宮駅から徒歩1分。

ヨーロピアンアンティークスタイルの素敵な店内には、
お祝いのお花がいっぱいで、
まさに百花繚乱でした!

そこにいるだけで、
気分が上がるような、
お洒落で温もりのある空間。

ドアや壁紙、
調度品もフレンチカントリーシックで、
すごく趣味がいいのー!


さっそくリッチなソファに腰かけて、
ネイルをして頂きました。

ネイルはいつもシンプルが好き!
と、思っている私ですが、

今日はオーナーの奈津子さまに選んで頂き、
こーんなアートなネイルにしてみました。

なんか、新鮮っ。

今回、私が選んだのは、
こちらの定額コースの6800円。

左が4900円。
右が6800円です。
(初回オフ代無料)

半個室の全席は、
リクライニングシート付きの贅沢なソファ。

日本ネイリスト協会認定の講師も在籍しています。

さらに
高品質な素材、
確かな技術とセンスなのに、
お値段はとってもリーズナブル。


写真は、
いつもゴージャスでお美しいマダム、奈津子さまと♡


阪神間のみなさま、
ぜひぜひ、行ってみてくださいね!


▪️ネイルサロンPlumeria西宮
〒662-0973
西宮市田中町5-20
S-PRESSO NISHINOMIYA 2F
10:00〜20:00 (無休)
☎︎0798-31-6395

by madamregina | 2015-01-20 23:04 | ネイルサロンPlumeria

カルト・ブランシュとのコラボメニュー『いちコース』 大人気!   

2015年 01月 18日
f0215324_11372230.jpg





みなさまーーーっ。

わたしの愛する本町のフレンチ、
カルト・ブランシュについて書きますわよっ。



最近、私の友人もよく行ってくれていて、
みんなリピーターになっています。


島岡シェフが創りだすお料理はね、

一度食べてみたらね、

ぜったい虜になるのーー。


ほかのどんなフレンチとも違う、

気持があったかーく、幸せになる味。


お肉もお野菜もほんっとに安心で最高の素材のものを使っているので、

血液がきれいになって、デトックスもできちゃう、



かと思うと・・・えっ?痛風コース(笑)ですか?

みたいな、

ふぐの白子やうなぎ、フォアグラびっしり、
さらにがっつりお肉など、
たまらんリッチなメニューも揃っておりますっ。


さて、そんなカルト・ブランシュで、
昨年秋からスタートした、
わたくし松澤とのコラボメニュー、

通称「いちコース(笑)」

大変、好評ですっ!


今年から3週間ごとにメニューもかわり、

ますます充実しております。



でーーーーー。

1月の「いちコース」も、
めっちゃくちゃゴージャスでありますよっ。


ちょっくら、その一部をご紹介いたしますと・・・

まずは、

■定番のアミューズ。
野菜なマリネとフォワグラ芽キャベツ


f0215324_1137271.jpg


■キノコのフラン、マッシュルームのスープ(こちらは写真がありません)

■リドヴォとゴボウ。

ゴボウはフリット、含め煮、ピュレに加工してトリュフソースを添えてます。


f0215324_11373413.jpg


ああ、ゴボウ大好き。

f0215324_11373489.jpg



■チヂミほうれん草と人参のピュレ、ほろほろ鳥のもも肉添え

f0215324_1137335.jpg





■メインはメインは西オーストラリアの生後10ヶ月の仔羊の鞍下肉、ティーボーン、ハラミのロール煮込みを添え。ソースはタスマニア産の大粒マスタード

f0215324_11372230.jpg



羊は苦手〜という人もね、

これ食べたら、もう、羊ちゃんが大好きになる、
それぐらい美味しい!

なんといっても今年の干支ですから、

開運効果もあるよね(笑)

f0215324_11372458.jpg





そして最後は、


■ハーブのリゾットに浮かべたフォワグラ、温度卵のソース

これ、フォアグラ好きにはたまらん。

フォアグラだけではちょっとね、ヘビーかな?

と思うときにも、

ハーブとあっさりとしたスープでいくらでも食べれちゃう予感です。



実はこのコース、

わたしはまだ頂いてないんですけど、

もう、すでにいちコースを召し上がった友人に聞きますと、

むっちゃくちゃ美味しかったそうです。

今月末には伺うので、

めっちゃ楽しみ。



ちなみに、お値段も今年から
8000円(税抜き)と、
さらにリーズナブルになりました。

と、言いますのも、ちょっと多いわ、という人のために、一皿少なくしたメニュー構成。

もしまだお肉やお魚が食べたいわ、という方は、

もちろんオプションで追加することも可能。

そのときのお腹の具合や気分で、

自分の好きなお料理を1品追加するのもうれしいよね。




そしてそして!

いまカルト・ブランシュでは、


もう、魅惑たっぷりのデザートワゴン(トレーで提供されます)も登場。

f0215324_11374799.jpg





こちらは、1月中のサービスです。





ランチには3品(1,800円のコースをのぞく)
ディナーは好きなだけ。

2月15日からまた再開です。



今月、「いちコース」をオーダーしていただくと、
もっちろん、
このデザートはあなたのものよ!


どうどうどう?



f0215324_11373591.jpg

f0215324_11373725.jpg

f0215324_11374018.jpg

f0215324_1137434.jpg

f0215324_11374445.jpg

f0215324_11374432.jpg




ふふ、

こちらはいま出来上がったばかりという、
ティラミスです。

f0215324_1232141.jpg


今日行かれる方は、このティラミスもあれもこれも、

食べれちゃいますよーーー。





もう、行くしかないでしょ?


えっ?!

まだ行ってない?


あかんがなーーーー(笑)


カルト・ブランシュ


住所: 〒541-0058 大阪府大阪市 中央区南久宝寺町4−1−1
電話:06-6252-0880
営業時間: 本日営業 · 11時30分~14時00分, 17時30分~21時30分

by madamregina | 2015-01-18 12:29 | カルト・ブランシュ

素敵なネイルサロンが西宮にオープンします!@ネイルサロンPlumeria   

2015年 01月 18日
f0215324_1137684.jpg





みなさまーっ。

ぜぃぜぃ(はな息っ)

私がいつも通っている、

ネイルサロンプルメリア。

千里中央店、

なんば店に続いて、

西宮店が、

1月20日オープンするんですー。

きゃー!

我が家の近くにプルメリアが、

出来るなんてー。


もう、うれしすぎますっ。



20日のオープンには、

もっちろん、

わたくし行かせて頂きますよっ。


アートネイルも、とっても素敵なのー!



f0215324_1137647.jpg



2015年初のネイルは、

どんなデザインにして頂こうかな?


春はもうすぐだね。



予約はこちらにお電話で!
▪️ネイルサロンプルメリア西宮店
☎ 0798-31-6395



f0215324_1137367.jpg

by madamregina | 2015-01-18 11:50 | ネイルサロンPlumeria

欲望の渦は渦巻いております(笑)   

2015年 01月 18日
f0215324_11405272.jpg

f0215324_11405497.jpg

f0215324_11405786.jpg

f0215324_1141019.jpg

f0215324_1141327.jpg




昨日ほ土曜日は、

雪がチラついたと思うと、

青空だったり、

不思議なお天気でしたが、

お家ランチは
泡も頂きましたな。


「シャンパンは年間700本、ま、水がわり…ね」

と言う、
デビ夫人にはとてもかないませんが(笑)


泡は毎日飲みたいね。


それにしても、
おいら、またまた、
物欲、暴走の兆しですっ(≧∇≦)

あれも欲しい、

これも欲しいな、

東海林さだお状態。

レジィーナロマンティコのお洋服は、

特にお買い物魂が炸裂しますねん。


このスーツもめちゃ欲しいっ。

オーセンティックな柄に、

レジィーナの、

人気定番デザインスーツ。

でも、どこのブランドにもぜったいない、

レジィーナならではの、スーツ。

お袖の折り返しの赤が素敵でしょ?

リップも、

普段はわたし、グロスだけですが、

この赤にちょっと合わせてみました。


ときめくスーツだ!


レジィーナロマンティコのすってきすぎる、

オーナーデザイナー、

阪口元美さんと。


f0215324_1141434.jpg

by madamregina | 2015-01-18 11:47 | Regina Romantico

忘れ物の女王再び〜   

2015年 01月 18日
f0215324_1139497.jpg


えーっと。

この写真はね、


昨年末の某ホテルのエレベーターで意味もなく、

撮った写真であります。

がーーー。

荷物が多すぎ開発っ(笑)

だいたいお出かけのとき、

わしは、荷物多いです。

それは、夏でも冬でも、
寒くなったとき用にストールや予備のセーターとかを、
入れているからなんです。


この日も、
毛皮のストールやあれこれ入れてトートはパンパンっ。
バインダーも持って、もう片方の手にはハンドバッグ。

で、よーく見たら、
バッグのふたが、
ダラリンチョ、と空いてるじゃないかっ。
こんなん、電車だったら、危険。
さらに、歩いてたらお財布とか、
落としそう。
いや、だいたいこんなんなんですわ。
だから、
私のこれまでは、
落し物と、忘れ物の人生でした。
ま、いろんな意味でね(≧∇≦)
というわけで、
私がどれほどの忘れっぷりか、
以前書いたブログ、
まだ読んでない方は、
よろしければ、
読んでくださいませ。
いやはや(深いため息)
ーーーーーーーーーーーーー




【忘れ物の女王】





忘れ物や落し物について、
子供の頃から筋金入りです。
小学校のときはランドセル忘れて、学校行ってたほどですから。
大人になって、
仕事をはじめてからも、
タクシーにバッグやお財布を忘れること多数。
レストランに上着やスカーフ忘れる事100回。
海外のホテルでは、セーフィティーボックスに
パスポート、置き忘れ…なんてこともありました。
ボストンでは帰国するという前日、
チェックアウトしたあと、
なんとフロントにキャリーバッグを置き忘れたこともあった。
中にはパソコン、デジカメはもとより、
その旅で撮影したすべてのフィルムが入っていたんですわ。
(この頃はフィルム撮影してたのね)
その日。
ボストンのローガン空港について、
車のトランクから
ベルマンにスーツケースやら7個の荷物を
出してもらい、カートに乗せて、
チェックインカウンターまで行こうとしたそのとき、
キャリーバッグがないことが発覚!
そのときのわたくし、
気持ち、どんなだったかおわかりになるかしら?
血の気が引くとは、あのことね。
だいたい、荷物の量が多すぎるのよ。
まず頭によぎったことは、
ホテルから空港までは車で1時間はかかるから、
私が取りに帰る時間はない。
そんなことしたら、飛行機に乗り遅れる。
じゃ、どうすればいいの?
さらに、そのとき泊まっていたのは、
それほど高級なホテルじゃないし、
すでに誰かに持っていかれてることも、十分考えられるわけで…。
そんなこんなで、
茫然自失したわたくしの様子に気がついた、
ベルマンが、
「だ、だ、大丈夫っすか?」
と心配げに聞いてくれました。
しばらく声も出ないおいらの反応を見て、
これはよほどのことがあったのだと彼は察知した模様。
事情を説明したら、
「OK!僕が今からそのホテルに電話してあげるから」
と携帯を取り出し、電話してくたの。
とにかく無事荷物はあった。
そこからです。問題は。
どうやってキャリーバッグを空港まで
運ぶの?
ベルマンは賢かった。
タクシーを呼んで、荷物だけ載せて空港のこのターミナルまで
来てもらったらいいんだよ・・と。
グッドアイデア!
で、40分後、荷物は無事届いた次第です。
タクシーのシートに、優雅にのっかって…
あのときのベルマン、フィリップ(名前まだ覚えてます)は
命の恩人です。
それにすごくカッコ良かったです。
こういうアクシデントがあると何かロマンティックなことが
起こるはずだが、残念ながらそれはなかったな。はっ。
でもわたしより上手はいらっしゃいます。
少し前、お絵描き仲間のみなさんと先生のアトリエで、
忘れ物の話になり、
それぞれの忘れ物女王度を
競っておりました。
Aさんは海外に行くたび、カメラやデジカメなど
を機内かホテルなどに忘れて帰国するらしい。
でも、不思議なことにそれが必ず戻ってくるとか。
しかし、
圧巻は、
先生のお話です。
女性同士でレストランに行き、その後、
北新地のクラブへ。
夜中1時ごろ、
「じゃ、わたしは先に帰るわねー」
と先生ひとりだけ先にお帰りになりました。
で、自宅について家の鍵をバッグから出そうと思ったら、
鍵がない。
え?
と、思って良くみたら、
見知らぬ人のバッグ。
そう。
新地のクラブで隣りに座っていた、女友達のバッグを持っていたそうです。
ひぇーっ。
すっげー。
この話があんまりおもしろくて、おいら、
椅子に座り、のけぞりながら、
笑いまくっていましたら、
椅子がバランスを崩し、
後ろに転倒。
そのアトリエの床は大理石よ。
わたくし、
後頭部をしこたま、ぶつけ、
マジで死ぬか、と思いました。
でっかいタンコブできました。
最近の忘却病、もしかしたら、あのときの後遺症かもね。
ちなみに、ボストンで、キャリーバッグを忘れた原因は、
ゆで卵であります。
チェックアウトしたのは早朝の6時半。
朝ごはんをゆっくり食べてる時間はない。
そのホテルはブッフェスタイルの朝食を朝6時からやっていて、
ま、大したもんはありませんけど。
で、おいらチェクアウトしたあと、
ブッフェのコーナーまで歩き、
ゆで卵とコーヒーだけを持って、
ホテル前に止めてあったレンタカーに乗り込んだってわけですね。
そう・・。
フロントに大事なキャリーバッグを置き去りにしたまんま。
ゆで卵2個だけ大事に握り締めて。
ああ、情けないったらありゃしねー。
それにしてもそのホテル、大したホテルじゃなかったですが、
フィリップが電話したら、
すぐに
タクシーを手配してくれ、迅速に忘れ物を空港に届けてくれるとは、
まるでフォーシーズンズ並みのサービスではないですか?
ちなみにそのホテルは全米展開している
Hampton Innってところです。
電子レンジや冷蔵庫(ミニバーとは違う)もあり、
部屋でTVディナーとかも食べれます。
LAなど西はちょっとあきませんけど、
NYやニューイグランドなど東エリアはかなり優秀。
フォーシーズンズやアマンが好き、なんて言いながら、
実は、こういうホテルが好きなおいらなんであります。

by madamregina | 2015-01-18 11:43 | Diary

寒い夜はチゲ鍋でお野菜もたっぷりとるのだ(^^)   

2015年 01月 18日
f0215324_2258332.jpg

f0215324_2258572.jpg

f0215324_2258673.jpg

f0215324_2258688.jpg

f0215324_2258748.jpg

f0215324_2258994.jpg



まだまだ、寒いっすね。


で、我が家では、先日チゲ鍋。

あさりや豚肉や牡蠣、海老、貝柱のエキスが充満して、
お野菜がおいしーーー。


オレンジ白菜、有機にんじん、
新ごぼう、ニラ、お豆腐も。

にんじんやゴボウがもういっぱい食べれて、
デトックスにもなるよね。


最後はおうどんを入れまして。

あ、
あったまりますした。


前菜は
元美さんに頂いた数の子で作った、松前漬け。
この数の子が、
むっちゃおいしい!

松前漬けの元はいかりスーパーで買いましたが、
ほそーく切られたスルメとお昆布、タレが入ってて、
それを混ぜて、
冷蔵庫に3時間入れるだけで、
もう、食べれます!

これがもう、ほんっとに最高に美味しいの。


食べ過ぎました。


獺祭に合いまする(^^)

きゃきゃいーん。


こんなに食べ過ぎたのに、
デザートもしっかり頂きましたっ。


先日のランチミーティングのとき、頂いた、
東京からのお土産です。


そう!

みんな大好き銀座WESTのヴィクトリア。

どこかなつかしい、

いちごジャムの味。

バターたっぷりの、

しんなり、優しいクッキーとの相性も素晴らしく、

変わりないWESTの味わいです。

コーヒーとともに頂いております。

しみじみ美味しい…。

お心遣いに感謝です。

Tさま、


ありがとうこざいます(^^)

by madamregina | 2015-01-18 11:34 | Country Life | Comments(0)

バレンタインデーはカルト・ブランシュのショコラアソート!   

2015年 01月 16日
f0215324_2354866.jpg



来月はバレンタインデーよーーーっ。

いやもう、

どきどきしながらチョコを片思いの人に贈ったのは、

もはや一億光年の彼方〜。


時代は変わって(笑)

いまはお世話になった人たちに、

男女関係なく、プレゼントしたい日となりました〜。


でも、毎年、デパートのバレンタインフェアに行くの、

もう、疲れるねんっ。

激混みだしーー。

それに、人気商品はかぶっちゃうこともあるから、

ちょっと人とは違う、バレンタインデーのショコラを贈りたいよね。


でーーーーー!


わたくし、今年は、

私の愛するカルト・ブランシュのバレンタインBOXを送りますわよっ!


f0215324_2354518.jpg




カルト・ブランシュのバレンタインBOXには、

大好きな本町ショコラとアマンド・ショコラが

入って、2000円(税抜き)

アマンド・ショコラは、

なんとマダム沙織直伝のレシピなんです。

f0215324_2354290.jpg



これがもうーーーーー

むっちゃくちゃ美味しいんです。

男性にも大評判!

アマンド・ショコラだけでも購入できるんですよ。

こちらは100g入り。

800円。


f0215324_0101100.jpg



もちろん、

フォンダンショコラだけをたっぷり食べたい!という人には、

通常のこちらの木の器入りもありますっ!


f0215324_23535888.jpg


※ちなみにこれはわたしが年末年始のご挨拶用に、
買った本町ショコラ〜。

味にうるさいショコララバーからも大評判でした!


■バレンタインデーBOXなどのお取り寄せについては、
お店まで直接お申し込みくださいね。

お取り寄せも出来ますよーーー!


カルト・ブランシュ


住所: 〒541-0058 大阪府大阪市 中央区南久宝寺町4−1−1
電話:06-6252-0880
営業時間: 本日営業 · 11時30分~14時00分, 17時30分~21時30分

by madamregina | 2015-01-16 00:14 | カルト・ブランシュ

母の形見のHERMESのベスト   

2015年 01月 15日
f0215324_2332798.jpg




いやあ、もう人生、いろいろありますよね。

先日は、

朝から、もう血圧が、1000に上昇かっ⁉ってほど、

きーっと、なることがあって、

ざわついた気持ちのまま、

バスに乗りましたら、

今度は、

後ろに座った若い女子が、

マスクはおろか、横を向くこともなく、

私に直撃な方位で、咳こんこんよーっ。

なんなのーっ(涙)



もう、頼むよ。


私、普段は風邪引かない分、


ひくと寝込むんだよー。

だから、咳撒き散らす人は、

いやーっ。

そんなこんなで、

アンハッピーなまま、

つぎはタクシーに乗ったの。

そしたらー。

これがめちゃくちゃ癒される、優しい運転手さんで、

お年は65歳ぐらいかな。

近い場所にもかかわらず、嫌な顔ひとつせず、

あ、約束の時間にギリギリなんですー。

ちょっと急いでくださいますか?と、お願いすると、


お、それは大変だね、

仕事?

急がないとね。


と、ビューんっと飛ばしてくださって、あっと言う間にロイヤルホテルに到着。


車からおりるときも、


がんばってね、と、人なつっこい、

あったかな笑顔で見送ってくれました。


取材のあと、

エコールドロイヤルの

内池 まさ子さんと、


春のトークショーについての打ち合わせ。

いままでと違う、

なんだか、とっても楽しく刺激的な内容になりそうで、

めっちゃ楽しみーっ。


f0215324_23321912.jpg




打ち合わせのあとは、


ホテル前に待機していた、

タクシーに乗ると、

これまた気持ちのいい運転手さんで、

朝のいらつきもすっかり、なおって、

おだやかな気持ちになれたー。


今日はタクシーの運転手さんから、

いい気をもらえて、


素敵なメンバーと、

ゴージャスで心あたたまるフレンチを愉しみ、

夜は、しあわせな赤ワインの日。


でー、写真は、


大昔、父がフランスに出張に行ったときの母へのお土産のラムスキンのベスト。

f0215324_23321259.jpg



クロゼットの奥から出て来たので、

久々に着てみたのー。



実は、このベスト、

ママにはぜんぜん小さすぎて、

しかも、このデザインでしょ?(笑)

彼女の雰囲気にはあんまり似合わなかったみたい(>_<)




ラムスキンは、とってもやわらかくて、
着心地もばつぐん。

f0215324_23321134.jpg




ボタンや裏地など、

f0215324_23321623.jpg



ディテールもさすがの作りで、

エルメスって、やっぱり、

いいなぁ。と改めて思ったのでしたっ。


f0215324_23321162.jpg



f0215324_2332843.jpg




f0215324_23321571.jpg

by madamregina | 2015-01-15 23:41 | Hermes

たか木で素敵な起業家の方とランチミーティング   

2015年 01月 15日
f0215324_1251261.jpg



f0215324_12512558.jpg


f0215324_12512635.jpg


f0215324_12512559.jpg



f0215324_12512213.jpg






先日のお昼は、


たか木さんで、

ビジネスランチ。

30代半ばの、

大変爽やかでかっこいい若き社長と、

東京からいらした、

素敵な女性の3名で。


たか木さんでは、はじめてカウンターに座りましたが、

いや、


こちらもなかなか良かったー。

f0215324_12512910.jpg




お料理は相変わらずの安定の味。

f0215324_12513137.jpg


f0215324_125133100.jpg


お正月らしいお雑煮は、

関西ならではのコクのある白味噌でした〜。


f0215324_12513677.jpg


f0215324_1251373.jpg




f0215324_12513885.jpg



f0215324_12514280.jpg


f0215324_1251446.jpg



f0215324_1251478.jpg




f0215324_12515085.jpg






何を頂いても、

ほんとに幸せー。


なかなか予約が取れないのもわかります。


しかし、この日ご一緒した、
若き社長は、

10代半ばから海外生活をはじめ、


NYやLA、Parisなどでも成功をおさめている成功者で、

彼から、たくさんの刺激を受け、とっても勉強になりましたっ。

いや、仕事は常に挑戦することに意義があるよね。

すっかり隠居気分のわたくし、

猛省っ。


ちなみに、、田村尚久社長は、

わたしの愛する佳世ちゃんのお友達。


f0215324_23281383.jpg



田村社長が手掛けられるお仕事は

ソーシャルメディアマーケティングはじめ、

実に多岐に渡ります。

そのひとつ。

ライフスタイルから次世代の働き方まで、

自分たちが理想とするビジョンをコンテンツにして配信する、

リーディングカンパニーの、

このコラム




めちゃおもしろーい。


読ませます!

多くの優良企業から、こんなコラム配信をしたいと、

問い合わせがひきを切らないとか。


ぜひ、チェックしてみて!

それにしても。

いまをときめく必殺仕事人の田村社長。



海外仕込みのそのビジネスマインドも、

実にシャープにして高スコア、アグレッシブなんだけど、

本質の部分では、

古き良き日本男子の魅力に溢れていました。


とても楽しい時間をありがとうこざいました!


ライダースジャケットで、


大変失礼いたしましたっ。


最近、ずっとヘビロテですーーーー。

ふがっ。






f0215324_1251503.jpg

by madamregina | 2015-01-15 23:29 | Work