<   2018年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

理想のヌード肌@ボビィブラウン   

2018年 02月 26日
f0215324_10515403.jpg


実は、わたくし、

BOBBI BROWNの密かなファンです。

みんなも大好きよね〜。

ベストセラーのシマーブリックももちろんだけど、

アイメイク用品も秀逸です。

私の化粧ポーチにはBOBBIの製品がけっこう入ってます。


そんな、大好きなBOBBIからうれしい贈り物をいただきました。

f0215324_10534592.jpg

きゃあ、
趣味のいいギフトラッピング。
気分が上がりますっ。

中には美容液ファンデーション、
下地クリームに、
柑橘の香りのクレンジングバーム、
オイルミルクなどが!


そんな中でも、
今回はまず、
発売2周年となる、
冬虫夏草を配合した美容液ファンデーションを
使ってみたよ。

その名も。

いやあ、知らなかったよ。

BOBBIってメイクアップ用品だけだと思ってました。

すいません( ;∀;)

いや、ほんっとに

BOBBIにこんなすっごいファンデーションがあったとは。

f0215324_10575630.jpg


ご存知のようにわたくし、ファンデーションはつけませんっ(笑)

なぜなら、ファンデーションをつけると

ぜったい老けて見えるからなんです。


そして、なんか肌が覆われて息ができないキュークツな感じがあって、

苦手なんです。


でも、そろそろほんっと、素肌のままでいるには

あまりに迷惑(笑)

また紫外線などの問題もあり、

外出するのに無防備に素肌をむき出し・・というのは

あかんよね〜と思ってたんです。


そんなわけで、

いままであらゆるファンデーションを試しましたよ。


でもどれも、いまいち(笑)


やっぱり、「つけました感」が出ちゃうのよね。


それがーーーーーーっ。


BOBBIは違った!

まず、今回一緒に頂いた、

イルミネイティング フェイスベースをまずつけたとたん。

f0215324_10584683.jpg


えーーーーーっ。

何これ?

まるでエアのように軽いっ。



すーっと伸びて、

すっと溶けて、

なのに!

毛穴が見えなくなってるじゃないですかっ?!


これ、素肌感を体現するため、

BOBBIが日本人のために

開発した化粧下地なんですって。

f0215324_10591695.jpg


そのテクスチャー、めっちゃ好みです。


そして、インテンシスキンセラムファンデーションを

スポインドでちょちょっと手の甲に垂らして

どきどきしながら肌の上に乗せると・・

f0215324_10595326.jpg


わわわーーーー、

これ、ファンデーションじゃない。

これはセラム。美容液よっ。


なのに、鏡をみると、きちんと素肌がカバーされて、

いやカバーというのとはちがう。


素肌の上にもうひとつ美しい素肌が生まれた・・・

そんな感じ。

なるほど。

これこそがBOBBIが創業以来掲げてきた、

フィロソフィである、

【NUDE ON NUDE】

f0215324_11002310.jpg


そして。

素肌より美しい素肌をつくること。

なにもつけないのではなく、

美しい素肌感=ヌード肌を、

ベースメイクで叶える魔法だったんですね〜。


ようやく、理想のファンデーションと巡り合いました。

いやもう、素晴らしいわ。


こちらのセラムファンデーションは、

13色あります。


そんな中で、私の肌に今回セレクトしてくださったのは、

3と4.5 そしてハワイで日に焼けたときのための5です。


さすが素肌づくりのプロフェッショナル。

わたしの肌の色にぴったり!


またところどころ混ぜて使うと、

ニュアンスがさらに生まれて素敵なんです!


いやああ、これで

ようやくわたしもヌード肌に近づけそうです。

f0215324_11011285.jpg


そんなわけで、BOBBIに首ったけ。

他の商品も使うのが楽しみすぎます。


またご紹介しますね♡


ちなみにボビィ・ブラウンは
この2月で
日本上陸20周年を迎えたそう。

いま公式サイトでは20周年を記念したキャンペーンが開催されています。

ちなみに、


また2月28日までは全商品送料無料。これ、うれしいよね。

このチャンスにみなさま、ぜひ!






by madamregina | 2018-02-26 10:50 | Madam's Beauty | Comments(0)

凄すぎるぞ!究極の日本蜂蜜。    

2018年 02月 25日


 

f0215324_12540482.jpeg


グラホでとんでもないはちみつを見つけました。

 

日本蜜蜂の百花はちみつです。


 

現在日本で販売されているはちみつの93%は海外モノで、

そのほとんどが中国産。

 

国産と呼ばれるのはわずか7%です。

さらに、その国産と呼ばれるはちみつも、

99%は西洋蜜蜂のもので

純粋な、いわゆる江戸時代から日本に住む

日本蜜蜂のはちみつは1%にも満たないと言われているんですよ〜。

 

なぜそんなに少なくなったの?

というと

蜂は、環境変化に最も敏感で、

すぐに住みかを変えます。

それで放置された巣に巣虫が発生して、

スズメバチに襲われるのも原因のひとつ。

 

それに比べ西洋蜜蜂は変化に動じず採取量も多い為、

明治時代からはちみつ作りには

西洋蜜蜂が使われていたそうです。

 

 

純粋の日本はちみつは非常に希少で、

値段も高いのはみなさん、ご存知ですよね。

 

でもそれだけの価値があります!

 

だって、純粋な、にほん蜂蜜の栄養価は、

世界一!と言われているんです。

 

最近様々な学術論文などでも、そのことが証明されてきました。

 

西洋蜜蜂と日本蜜蜂では、

まず蜜を採取する花が異なり、

日本蜜蜂は人工的に植えた花や

家庭の庭の近辺の花にはほとんど近づかないそう。

 

自然の山奥に入り自然に咲く山の花を蜜源としています。

 

また、西洋蜜蜂に比べると、

日本蜜蜂は蜜を吸う密管が短いため、

花に潜って最高の蜜だけを採取します。

 

だから効率も悪い。

まさにそこには凝縮された蜂蜜のみが抽出され、

 

だから希少で貴重なんですね。

 

そんな中でも、

グラホに入荷した、このとんでもないはちみつは、

蜂の花の蜜の採取方法が独特で、

かなり多種に渡って採取するので

一般的な百花はちみつよりも

蜜の種類が多く香りも違って、

また持っている酵素も多い事から

滋養分も豊富とされています。

 

ちなみに、この日本蜜蜂のはちみつを端正こめて作っておられるのは、

9人の生産者で結成された但馬地蜂会さん。

 

餌(水飴)も与えず、

遠心分離器も使わず、

未加熱のはちみつなので栄養素、酵素がたっぷりつまっています。

そして、味わいも香りもピカイチ!

 

一年で、たった
 100
本限定!

お値段は、120g2000円。

なんと、巣箱のシリアルナンバー入りよ。



f0215324_12581714.jpeg

 

これ、関係者の間では、

安すぎる・・・と言われているほどです。

 

買うならいまだーーーーっ。

 

わたしは10個買いますよーーーーっ。

 

これまでマヌカハニーを買い続けておりましたが、

この日本はちみつは、

マヌカよりも

栄養価、そして抗菌作用が優れていると言われています。

 

またずっと昔からわたしたちの祖先が食べ続けてきた

にほんはちみつの方が、

わたしたち日本人にはその効果がさらに発揮されるというもの。

 

 

わたしはいつも朝起きたとき、

そして寝る前に、スプーン一杯のはちみつをなめています。

 

これだけで胃腸の調子もよく、

風邪をひきにくくなりました。

 

 

そして、このはちみつは、

お友達への贈り物にも最高。

 

 

最近赤ちゃんが出来たお友達に。

そしてよく風邪を引くAちゃんに。

 

 

美容にもいいはちみつ。

 

もう、いいことづくめ。

こんな完全無敵なはちみつが、

2000円で手に入るなんて!

 

買うしかないですね、奥さん!

 

 

 

 


by madamregina | 2018-02-25 12:49 | Comments(0)

2018蟹の旅@西村屋本館   

2018年 02月 19日


f0215324_12002148.jpeg



f0215324_12010146.jpeg



f0215324_12020226.jpeg



 もうすぐそこに春の訪れを感じつ今日このごろ。

 

でもーーーーーっ。

 

美味しい松葉ガニはまだまだ食べれますわよっ。

 

 

わたくし、毎年、「ずわい蟹解禁!」のニュースを聞くと、

 

いてもたってもいられませんっ。

 

 

 

そしてーー。

蟹とくれば、温泉ですやん。

 

となると、関西の人にとっては、

 

やっぱ城崎温泉ですー。

 

城崎とくればーーーーっ、わたしにとっては、

 

もう 

『西村屋本館』以外、ございませんっ(きっぱり)

 

ま、丹後あたりもありますが、

 

ほら、間人のセレブなあいつとかね。

 

でもお宿の歴史、格式、

 

そして海外の人をも魅了する素晴らしいホスピタリティ、

それら、総合点で考えますと、

西村屋本館を上回るところはありませんっ。



f0215324_12034437.jpeg


f0215324_12030541.jpeg

 

 

 

西村屋本館は、150年以上の歴史を持つ、

 

日本でも屈指の名旅館です。


f0215324_12043038.jpeg

 

毎年、蟹のシーズンには1〜2回は訪れております。

 

 

 

そしてーー。

今年は先月、伺いましたよっ。

 

 

f0215324_12052568.jpeg

 

f0215324_12061465.jpeg


松葉蟹とひとくちにいっても、

いろいろです。

 

でも、

西村屋さんのカニは地元の津居山か柴山で上がった活けものしか出されません。

 

そして、

西村屋本館の先代はじめ、一族の方々は

地域への、

有償無償の並々ならない貢献を続けてこられました。

 

おそらく地域の人々にとって、西村屋の存在は、

神様のようなもの。

 

だからそこに卸される蟹は、

どこよりも一級品であるはずです。

 

こちらでいただく松葉ガニは、

それはもうーーーーー

神のごとく美味しいっ。

 

でも、今回改めて感じたのは、

西村屋本館の建築、空間、日本庭園の

素晴らしさです。



 

いつも露天風呂があるお部屋に泊まるんですが、

よく手入れされ、苔むした見事な日本庭園を独り占めしながら

お風呂に入るひとときは、

何にも勝る贅沢・・・だと再確認しました。


f0215324_12075103.jpeg





そして。

もう何十年も前からこちらに寄せて頂いているのですが、

エントランスも、

客室も、

日本庭園も、

そしておもてなしも、

なにひとつかわらない。


それは決して進化していないのではなく、

この凄い文化遺産の建物を維持するだけでも

それはもう大変な時間と費用がかかると思います。


また廊下ひとつとっても、

磨き上げられ、歳月の重みを感じさせます。


f0215324_12094740.jpeg



f0215324_12084240.jpeg


昨年からルレ・エ・シャトーのメンバーにも加盟して、

ますますパワーアップされましたが、

その核となる日本旅館を代表するおもてなしの精神は

ずっとずっと昔から変わることがありません。



 

ここに来ると、

ただ、ずっとお部屋にいるだけで、

日頃のストレスや疲れがほどけていくのがわかります。



f0215324_12110564.jpeg

 



f0215324_12144030.jpeg


本館には素晴らしい温泉があるので、

そこにもつかりますよ〜。


f0215324_12120224.jpeg

 


f0215324_12124109.jpeg


もうーーー夕食前にすでに温泉三昧。

 

城崎の泉質はほんとに良くて、

一度入っただけで、お肌がつるんつるん。

ボディローションもセラムもいらない

天然の潤いに包まれるます。

 

のんびり温泉につかったあとは、

きゃーーーー。

待ちに待った蟹三昧の夕食です。



f0215324_12151610.jpeg

 

蟹をメインにした会席コースもありますが、

わたしはいつも、

活蟹づくし、コース。



 

なんと、大きな松葉ガニがひとり2杯ずつつく!

という、

まさに蟹、蟹、蟹!!!の贅沢フルコースです。


f0215324_12155898.jpeg

 

まずはお刺身から。



f0215324_12163269.jpeg

 

ぷりんぷりんのツルンツルンです。

 

この上品なほのかな甘みは松葉がに特有のもの。

 

そしてーーーー。

 

きゃーーー。

みそーっーーーっ。

 

生よっ。


f0215324_12185960.jpeg

 

たまらんっ。



f0215324_12200203.jpeg

 

ぐびーっ。


f0215324_12230543.jpeg



f0215324_12204656.jpeg

 

上海蟹もめちゃ好きだけど、

 

渡り蟹もとにかく好きだけど、

 

これを食べると、

 

やっぱり松葉よね~

 

王者の蟹よね〜

 

と思えてくる美味しさです。



 

そうこうしているうちに、

 

西村屋さんオリジナルの蟹の甲羅酒が出てきて、

 

これを一口いただければ、もううう天国だわ。

 

炭で丁寧に焼いた蟹の甲羅を、

 

ジュっと熱燗に入れた蟹の甲羅酒はふぐのヒレ酒のカニ甲羅版。

 

香ばしくて、少し甘くて、いくらでも飲めてしまう。

 

 

ちなみに西村屋さんのゆでがには絶品です。

 

絶品すぎてくらくらします。


f0215324_12240784.jpeg

 

 

待望のゆでカニ。


でっかいです。



f0215324_12174118.jpeg

 

 

 

 

足をさっそくいただきます。

 

ひえええええええ。

 

なんて甘いの、なんて美味しいのっ?!

 

もう筆舌には尽くしがたい。

 

なんともいえない蟹の旨みがびっしりとつまってて、

 

 

一生食べ続けていたい味だ。

 

そういいながら、

無言で足を食べ続け、

 

胴体を食べ続け、

 

そして最後はおいらがこの世で最も愛するミソの桃源郷へ。

 

 

f0215324_12250407.jpeg

 

ちなみに、

以前TVで、かに漁に行く猟師さんたちが、

 

良いカニの見分け方というのを話しておられました。

 

「ミソに白い米粒みたいなのが入ってるのが良いかに」

 

とのこと。その白いものの正体は白子だそうです。

 

この日のみそには入ってました。びっしりと白子が・・。

 

で、このつぎはおいらが最も好きな

(ってそれが多すぎるな)焼きがにであります。

 

 

目の前の備長炭でさっとあぶってくれます。

 

f0215324_12255631.jpeg

 

 


f0215324_12264596.jpeg

 

f0215324_12275853.jpeg



焼きあげた味噌も、ひえええええーっ。卒倒。

 

 

f0215324_12284236.jpeg

 

 

f0215324_12292598.jpeg




焼きが二・・・・それは、

 

松葉がにの美味しさを最高に引き出す料理法ではあるまいか。

 

爪のところもうまいね~。

 

もはや恍惚なる状態でこの時点で、カニ腹12分目。

 

ああ、これからまだ、かにすき、

ぞうすいまで食べなければならんのだよ。

 

 

・・・といいつつ、この夜は極上の松葉ガニを飽きるほど食べながら、

 


f0215324_12300032.jpeg

 


f0215324_12303940.jpeg



f0215324_12312604.jpeg


そのあとは、温泉に入って、お肌つるんつるん。

 

 

人生で、

これ以上の幸せがあるでしょうかっ?

 

 

こうして、カニと格闘していると、

 

昨年あったつらかったこと、苦しかったこと、悲しかったこと、

 

いやなことはぜーんぶ吹っ飛びますっ。

 

 

 

西村屋本館、カニ効果絶大。

 

蟹のシーズまであとわずか。

 

みなさま、

 

ぜひぜひ行かれてくださいませ。

 

 

西村屋本館の蟹を食べずして、

なんのための人生よっ!

 

なんでありますっ。

 

 

ふがっ。

 


by madamregina | 2018-02-19 11:57 | Comments(0)

Michael Ball 初来日!   

2018年 02月 17日
f0215324_00102249.jpg


昨年の夏、

突如発表された

我らがMichael BallとAlfie Boeの

初来日コンサート!


という、ショーゲキ、

いや激震のニュース!


ほんとにそんなすっごいコンサートが

日本で実現するんだろうか…


と、信じられない気持ちの方が強かったんですが、



f0215324_00111348.jpg



はい!


2月10日から12日の3日間、

東京、シアターオーブで

ちゃんと開催されたんですよ、奥さん。


そして、

もっちろん、

東京行きましたよ。


f0215324_00122253.jpg


いつもは、Michaelに会うため、

グレートブリテンに上陸していたおいら。


東京なんて、

お茶のこよ。



でー、

疾風怒濤2泊3日の、

東京Michael狂想曲!


ぼーっぼーっぼーっ


真っ只中には、

FBにも
インスタにも、アップする
時間の余裕も
心の余裕もなく、
ひたすら駆け抜けた3日間でした。


海外からのファンも

イギリスから、
オーストラリアから、
ドイツから
チャイナから、
アメリカから、
世界中から駆けつけた、
MichaelとAlfieのコンサート。


f0215324_00131155.jpg

わたくし、3日間すべて、
最前列魂席。


f0215324_00133948.jpg


きゃー。


f0215324_00142348.jpg



ひたすら、素晴らしかったー。

しかし、
ステージドアでは
いつものように、
心の振り子は、
目盛り振り切って
上よ、下よの乱高下。

f0215324_00151210.jpg


ひっさびさの
超高速ジェットコースター。

いや、死ぬかと思った。

熱も出ました。



でも、
わたしをこれだけ
掻き乱す男は、
この人以外いないんですよね。



そんなわたしを
あたたかく、
見守り、
一緒にコンサートを、観て、
サポートしてくれた
ゆりちゃん。
祐子ちゃま。
桂子ちゃん。
円ちゃん。

そして、
応援してくれた
アコちゃん。

ほんとにありがとうございました!



f0215324_00155631.jpg

記念すべきMichaelの
初来日コンサート。
今回は、
スケジュールもハードで、
インタビューも叶いませんでした。

しかし…
厳重なるステージドア規制の中、
こんな写真も撮れてしあわせ。

わしの、顔はボロンチョですが、
Michaelは最高の笑顔。

きゃーん♬

f0215324_00163666.jpg


f0215324_00170095.jpg



by madamregina | 2018-02-17 00:01 | Comments(0)

朝ご飯の定番 絶品鮭フレーク   

2018年 02月 15日

f0215324_15032240.jpg

f0215324_15032548.jpg



我が家の朝ご飯、
グラホ3兄弟。

明太子 青
鮭明太

そしてー。

最近仲間入りした、
鮭フレーク。
これが、おいしーんです。


f0215324_15040479.jpg


紅鮭と
キングサーモンの2種類があるんですが、
私は脂がのった
キングサーモンの方が
圧倒的に好きなんですー。

いままで朝食には、
加島屋の鮭を食べたりしてましたが、

もう、
いまでは
グラホのこの鮭フレークなしでは
あきません。

ほんとに美味しいキングサーモンを
焼いてすぐに手でほぐし、
瓶詰めされているから、
焼きたてのフレッシュ感が、
たまりませんっ。

ほのかな塩味も、
超好み。

冷蔵庫から出せば、
すぐに食べれるのも
うれしーよね。

あつあつご飯に乗っけて、
焼き海苔で包んで頂けば、
きゃーっ。

ほんまにほんまに
美味しーよ。


f0215324_15063690.jpg


by madamregina | 2018-02-15 15:02 | Comments(0)

わたしの憧れ、マリベルさん♡   

2018年 02月 05日
f0215324_13120879.jpg

f0215324_13121129.jpg


みなさまーーーー。


バレンタイン作戦、

真っ只中ですよね。


わたくしは、

もう、すべて本日、

贈る方への手配、完了いたしました!


もっちろん、

すべてマリベルですよーっ。



そしてー。

ただいま、

NYのショコラティエ、

マリベル・リーバマンさんが

NYから来日されています。

 

マリベルさんは、

私にとって憧れの女性です。

 

今日は改めて、

彼女にお会いしたときのことを

こちらにご紹介したいと思います。

 

NYの人気チョコレートブランド、

「マリベル」の創業者であり、ショコラティエ、そしてデザイナーでもあるマリベル・リーバマンさん。



 

昨年の2月、

同じく敬愛する「マリベル」の日本総代理店の岩城 紀子社長に、

 

ご紹介頂いて、マリベルさんに取材することができました。


f0215324_13153570.jpeg

 

マリベルさんのことは、

アメリカの雑誌はもちろん、

日本の女性誌などでも知っていたんですが、

 

彼女はただのショコラティエじゃありませんっ。

 

チョコレートをはじめて口にした・・と、

言われるマヤ族の末裔であり、

故郷ホンジュラスのカカオ農園で無農薬の原種のカカオを育て、

そこで働く女性たちの支援をもう10年以上も続ける、

愛に溢れたクレバーな女性なのです。

 

彼女のそんな地道な功績が認められて、ホンジュラスではカカオ大使として任命されました。

 

カカオ生産国ホンジュラスへの支援や、

 

女性のリーダーシップをテーマに、

 

アメリカはじめ中南米のメディアからも取材が殺到。

 

有名雑誌の表紙を次々に飾っています。

 

いまではチョコレートといえば、

been to bar(ビーントゥーバー。カカオ豆の状態から板チョコレートになるまでの全ての一連の工程を一貫して行うこと)が

当たり前になりましたが、

 

マリベルはfarm to bar(カカオ豆を栽培する農園(farm)に目を向け「Farm to Barチョコレート」を実現させた第一人者で、

いまその工程に注目が集まっています。

 

岩城紀子社長に伺ったのですが、

 

マリベルさんは、

ガーナやアフリカのカカオは絶対には手をつけないとのこと。

 

なぜなら、そこでは子供達を死ぬほど働かせ、

 

安価でディーラーが買い叩くからです。

 

だからこそ、

彼女が所有する農園では女性が働き、自立出来て、

子供達がちゃんと学校に行けるように支援しているんです。

 

チョコレートの味もフレーバーエッセンスなどは使わず、

 

ミントやパッションフルーツなど生の葉や実を、

ミルクで炊いて1日寝かせるという作業にこだわって、

マリベルのチョコレートは作られています。

 

f0215324_13172261.jpeg

 

f0215324_13180042.jpeg



f0215324_13183503.jpeg



f0215324_13185969.jpeg


彼女はまた、

ニューヨークのベストwomanとして、

 

ヒラリー・クリントンやアンジェリーナ・ジョリーと並んで選ばれたような本物のセレブリティ。

 

 

 

2000年にオープンしたNYのマリベルショップは、

 

ニューヨーク・タイムスから全米のチョコレート界でトップと絶賛され、

 

ヒラリー・クリントンはじめ、

 

マット・デイモンやメグ・ライアン、

 

トム・ハンクス、スティング、

 

そしてあのスティーブ・ジョブスも存命中に足繁く通う、

 

セレブも大好きなチョコレート。

 

でも、マリベルさん自身はそんなことで一切マーケティングもしない人。

 

本物のセレブで、あっと驚くビッグネームたちとの交流もある彼女ですが、

 

わたしがお会いした、マリベルさんは、

 

ほんとにフレンドリーであったかくて、

 

気取らず、

優しくて、

 

愛に溢れたチャーミングな人。


f0215324_13192323.jpeg

 

 

彼女の笑顔を見ただけで、

 

なんだか、自分の存在がぜーんぶ肯定されているような、

 

幸せな気持ちになって涙が出そう・・・。

そんなあったかな女性です。

 

わたしはあのマリベルのパッケージや

ショッピングバッグに使われている、

美しいブルーと品のいい茶色の組み合わせが大好きなんですが、

 

そんなパッケージもマリベルさん自身がデザインされています。

 

 

f0215324_13194240.jpeg

 

 

「わたしは昔から、

ずっとずっとブルーという色が大好きだったの。

それでブルーを使うことは決まってたんだけど、

リボンの色は深いグリーンにするか、

ブラウンにするかさまざまな色を試作して、

夫にある日意見を聞くと、彼がぜったいこれだよ!と

ブルーとブラウンの組み合わせろ選んだの。それで決めたのよ」

 


f0215324_13202997.jpeg

 

「この色を真似する人もいるけど、

ほら、HERMESのあのオレンジも他がどんなに真似しても、

ぜったい違うでしょ?同じテイストにならないでしょ?

HERMESオレンジはタイムレス。

マリベルのブルー&ブラウンもタイムレスなのよ」

 

 

 

あのブルーはまさに「マリベルブルー」なのですね。

 

彼女はもともと、

デザイナーを目指して故郷ホンジュラスから、

NYに出てきて、

パーソンズ美術大学で学んだデザイナー。

 

だからマリベルのチョコレートも美味しいだけじゃなく、ほんとにセンスが良くて、お洒落なんです。

 

ガナッシュにトレースでデザインをほどこしたのも、

実は彼女が世界初。

 

 

f0215324_13215950.jpeg

 


f0215324_13223858.jpeg


「でも2000年にオープンしたとき、

わたしが作るチョコレートを見て、

ブルーなどカラフルな色に対して、

なにーーー?!こんな色をチョコレートに?!と

言う人もいたのよ。

でもいまではみんな真似してますよね。笑」

 

 

そしてーー。マリベルさんは食べることが大好き。

 

わたしがこれまで60回以上通った、NYのレストランについて、

 

めっちゃ話が弾みました〜

 

NYであなたのいちばん好きなお店は?と伺うと、そのひとつが

おうどんのあの「OMEN」ですって。

 

わあ、なつかしい。

ここの雰囲気もあの味も、最高ですよね。

 

確か、昔、リチャード・ギアを見かけたような。

 

うれしかったのは、

 

わたしがある意味とってもNY!と思っていて、

 

NYに行くたび、いつも行く、

 

BRUE RIBON SUSHI」が、

 

彼女のお気に入りだったこと。

 

さらにさらに。あのわたしが大好きだったいまはなき、

 

SOHOの蕎麦の名店「HONMURAAN」。

 

彼女はなんとこの隣りのビルにも住んでいたことがあったそうな。

 

このとき、NYで一緒にお食事しましょう!という

夢も、昨年の秋に実現しました。

 

5月にNYに行ったとき、

マリベルさんと彼女の大好きなイタリアンや

お洒落で美味しいお店にご一緒することが出来て、

ますますそのお人柄に大ファンになってしまいました。



f0215324_13233757.jpeg

 


f0215324_13241065.jpeg



f0215324_13243594.jpeg


そして、NYのマリベルもカカオマーケットにも行きましたが、

連日凄い賑わいようで、

店内のインテリアも雰囲気も、

マリベル京都やカカオマーケットby マリベルと

その空気感がほんとに同じ雰囲気で

感動しちゃいました。



f0215324_13251795.jpeg

 


f0215324_13254901.jpeg




f0215324_13261910.jpeg


f0215324_13273265.jpeg


f0215324_13284836.jpeg



f0215324_13281102.jpeg


f0215324_13293884.jpeg


リベルさんは、

日本が大好きで、日本の食はもちろん、

 

日本人の相手を敬う礼儀作法は素晴らしい。いつもリスペクトしています・・とおっしゃっていました。

 

岩城社長とはビジネスの相手・・というよりは

 

まるでソウルメイトのようで、

 

インタビューのとき、

わたしがマリベルさんに

 

写真を撮りたいのですが・・と言ったときのこと。

 

 

「あら?わたしすっぴんよ。どうしよう。メイク道具もないわ。

Noriko,持ってる?」

 

 

 

すると、

 

岩城社長が自分のメイク道具を出して来られて、

 

彼女に貸されたのですが、

 

マリベルさんは化粧室に行くでもなく、

 

わたしの目の前でささっとCHANELのパウダーを塗って、

 

アイラインを入れて、

 

リップも描いて、

 

あっという間に女優さんのように華やかなお顔に!

初対面のわたしの前でメイクを直しちゃうマリベルさん。

 

なんてオープンで大らか。

 

もう、大好きになっちゃった。



f0215324_13300420.jpeg

 

そういえば、

 

マリベルのチョコレートを通して、

 

彼女が伝えたいMessageは、

 

FOOD ART BEUTYに喜びと幸せを見つけること」

 

 

 

マリベルのチョコレートはほんっとに美味しい。

 

でも他と違うのは、

 

食べ終わったあとに、

 

なんともいえない幸せ〜な気持ちになれること。

 

気分が不思議と弾んじゃうこと。

 

 

マリベルのチョコレートはまさに、

 

そんな彼女の想いが凝縮された世界でたったひとつだけのチョコレートなのだ・・と

 

改めて実感しました。



f0215324_13305001.jpeg

 

実は、フランス女性もマリベルのチョコレートが

大好物だと聞きます。

フランスではそれこそ本物のカカオをたくさんつかった

素晴らしいチョコレートがたくさんありますが、

マリベルのガナッシュは

チョコレートに一家言ある

フレンチエグゼクティブウーマンの間でも大人気。

 

私の知り合いのパリジェンヌも大好きです。

 

本物のカカオは、身体にも心にも効く、

ほんとうの意味のスーパーフード。

 

何より、

マリベルのチョコレートをいただくと、

ぱっと気持がときめくのがその証拠!

 


 マリベル京都

 

京都市中京区柳場三条下ル 槌屋町83番地 

 


 

 

 

 カカオマーケットbyマリベル

 

京都市東山区常盤町(大和大路通)165−2

 



 NY

 

MARIEBELLE(マリベル)

 

484 Broome Street, New York, NY 10012

 


 

Cacao Market by MARIEBELLE67

 

Guernsey Street, Brooklyn, NY

 



by madamregina | 2018-02-05 13:09 | マリベル | Comments(0)

身体にいいお茶、新提案‼︎   

2018年 02月 02日

 

f0215324_21061188.jpg

 

いや、年末からずーーーっと続いて、食べすぎております。ふがっ。

 

しかし、気のあったお友達と一緒に囲む美味しいテーブルは

 

やっぱり欠かすことのできないわたしの日々の原動力。

 

とはいえ、外食が続くと、わたくし、血圧が高くなるんですよね。

また、血糖値や血圧、そしてコレステロールも心配だ・・・。

 

それがーーーっ、

石垣島富茶を飲みはじめてから、

そんな不安もなくなりました〜。


f0215324_21064493.jpg

 

わたしはこの石垣島富茶を定期購入していて、

毎月6本ずつ届きます。

 

ところがーーーーーっ。

本日、別に6本入の石垣島富茶が届いたんです〜



f0215324_21071633.jpg

 

えええええーーーっ。

なんでなんで?

間違いかなぁと思ってBOXをあけると、

石垣島富茶の担当の方から直筆のお手紙が入っていて、

読み進めると・・・

きゃーーーーー。

 

 

なんとわたくしがBlogなどでときどき石垣島富茶をご紹介していたことで、

たくさんの方が定期購入してくださったそうなのです。

 

 

今回は、その御礼をこめて、6本入りのケースをプレゼントしてくださったんです。

 

もうーーーーなんてうれしいことでしょう。

 

しかも、私のブログやFBを見て、

購入してくださっている人たちは

そのほとんどが定期購入されていて、

血圧、血糖値の数値もすこぶるよくなられているとのこと。

 

これが何よりうれしいじゃないですかああっ。

 

もちろん、そんな症状がない人も、

便秘がなくなった、

花粉症が軽くなった、

睡眠が深くなった、

体温があがった、

コレステロールの数値がよくなった、

などなど、

富茶の効能を実感してくださっていて、

ほんとにうれしい限りです。

 

 

石垣島富茶は、石垣島で古くから親しまれてきた、

命草(ぬちぐさ)と呼ばれる生のマンジェリコン、ボルトジンユ、

6種類の野草(ハーブ)などを、

石垣島の家庭で代々継承されてきた配合をベースに、

オリジナルのレシピでブレンドされた、

まったく新しいタイプのお茶なんです。


f0215324_21074626.jpg

 

体調を整える効果があり、

特に血圧や血糖値では著しい効果を発揮するミラクルなお茶。

 

ちょっと疲れやすいとか、

仕事柄会食が多い方、

お酒を良く飲む方、

甘いものが好きな方にもめっちゃおすすめです!


f0215324_21082758.jpg

 

 

まずは、こちらのサイトをチェックしてみてくださいね。

 


 

 

 

 

 

 


by madamregina | 2018-02-02 21:04 | 健康の話 | Comments(0)

我が憧れのプーフ・カピトーネ   

2018年 02月 01日

f0215324_13163667.jpg

 

誰かを招きたくなるインテリア・・。

それがわたしの理想です。

 

しかしーーーーっ。

現状は・・・モノが多すぎて大変なことになっている我が家。

 

とても人さまをお招きできる状態ではございませんっ。

 

だけど、いつかは・・と考えております。

 

わたしの憧れは、

イギリスのカントリーサイドにあるような

素朴であったかみがあるコテージのようなお家。

そこに、モダンでかっこいいイタリアン家具を置くのが夢。

 

いままでは、

家具も同じようなカントリータッチがいいなぁと

思っていましたが、

 

イタリアの高級家具、DePadovaを知ってから、

その、ぬくもりがありながら、

洗練されたスタイルに一気に恋に落ちてしまいました。


f0215324_13211281.jpg


 

まさにミラノが誇る温かなモダニズムを有した家具なんです。

f0215324_13212937.jpg

 

たとえば、このレザーの大きなオットマン。

これはリビングの真ん中において、テーブルやベンチとしても使える、

DePadovaでも人気のひとつ。



f0215324_13243138.jpeg

 

その名は、プーフ・カピトーネ。

 

f0215324_13245019.jpeg

 

海外のホテルのロビーやハイブランドのブティックでも、

使われていますが、

こんな素敵なレザーテーブルがお家にあれば、

もう、それだけで

誰かを呼びたくなっちゃいますよね。

 

これこそ、空間の主役になるテーブル。

 

f0215324_13254922.jpeg

 

カラーは

ベージュ、ブラック、ブラウンとあります。

張地はレザーの他に、ファブリックもチョイスできます。

 

わたしが大好きな芦屋のDePadovaのショールーム、

ブランカで実物を見ることができますよ〜。


f0215324_13263069.jpeg

 


ちなみに、

セリーヌでは、

世界各国のショップで、

こちらのミラーはじめ、

ソファなど、

DePadovaのもの。


f0215324_13402271.jpeg


ハイブランドにも愛される家具なんですね。


最近、新築やリフォームの機会に、

すべてDePadovaでコーディネートしたい・・

そんな人が増えているそうです。

 

お値段は確かに安くはないですが、

一生つきあえる家具をそろそろ揃えたい、

心を豊かにしてくれる、

空間づくりをそろそろ本気で考えたい。


ちなみに、

ブランカでは、

いま話題の

エタノールで楽しむ

環境にやさしい

エコスマートファイヤーも

各種取り扱っています。



f0215324_13410957.jpeg



f0215324_13414033.jpeg


これがまた、

DePadovaの空間に

めちゃくちゃ、似合うんですよね!

 

 

  DePadova ショールーム

ブランカ ☎0797-26-8056


by madamregina | 2018-02-01 13:14 | De Padova | Comments(0)